基礎工法色々

技術士(応用理学) 横井和夫


    これはある展示会場に現れたサイレントパイラー。油圧で鋼矢板を圧入する装置。ネット(アホのサンケイ)では、これを国土を守る切り札だと、ベタ褒め。大方メーカーから幾らか貰っているんだろう。
 どんな機械にも適用範囲というものがあって、これも例外ではない。細かい理屈は省略するが、圧入力を大きくしても、地盤の圧入抵抗力がそれ以上あれば、肝心のクイが座屈する。こんな大型機でも、粘性土でN値10以上、砂質土で20から30以上は、施工が著しく困難か無理。抵抗力を弱めようと、振動やジェット噴射などを併用すれば、周辺地盤を緩めてしまう。
 問題は工事を発注する役所がアホで、メーカーの宣伝をそのまま受け取ってしまい、不適格な設計をやってしまうことである。サンケイはまさにその愚行を、自ら行っているのである。
(18/05/15)