日本の役人


 大阪府富田林署か逃げ出してはや一週間になるが、ようとして行方が分からぬ樋容疑者。15日の西淀川ひったくりを最後に、足取りがつかめないから、最早大阪府を後にして府外に脱出している可能性の方が高い。それを未だに府下に潜伏しているとして御堂筋周辺を捜索するなど、大阪府警の間抜けというかボンクラぶりに感心する。テレビ映えを狙ったパフォーマンスではあるまいか。
 それにしても不思議なのは、樋田が脱走した理由である。報道によれば、樋田容疑者の脱走は計画的なものだったらしい。ただしこれも警察発表によるものだから俄かには信じられない。自分達を被害者に見せて、責任を矮小化しようという小役人的発想がないとは言えない・。仮にそうだとすると、樋田にはこのような強引な手を使ってでも脱走しなければならない事情・理由があったはずだ。それが分かれば、犯人検挙の近道になる。ひょっとして、弁護士がそのあたりの事情を知っていたのではあるまいか?ただし、弁護士には守秘義務があるし、まして依頼人の不利になる証言はできない。何が何でも、大阪府警は自分の手で樋田を検挙しなくてはならないのである。
 なお本日警察は、容疑者がアクリル板を剥がして逃走したと発表したが、アクリル板が窓枠と完全に密着しておれば、簡単に剥がせるものではない。管理不行き届きで隙間が空けば、そこから空気が入るので、接着剤が酸化し、変色する。そこを狙われたとしたら、これまでやっていたという目視点検すらしていなかったことになる。大阪府警の発表は恥の上塗り、救いようがない。
(18/08/19)

 大阪府富田林署から逃げ出した犯人、未だ捕まっていません。留置所備品を破壊して(器物損壊)逃げ出すのもけしからんが、逃げだした後今日まで、自転車1台、ミニバイク1台を盗み、数件のひったくりを行っている。さてこの被害は誰が弁償するのでしょうか?被害者は大阪府知事を相手に損害賠償請求を行う可能性が高い。もし請求権が認められれば、その賠償金は、我々の府民税からだ。富田林のアホの所為で、なんで我々が金を出さなきゃならないんだ!
 当然だが警察署長はじめ、関連部署の管理職は処分を受ける。経歴に赤点がつくから、ボーナスから退職金まで影響する。何よりも天下り先に恵まれなくなる。一番哀れなのは大阪府警本部長か。大阪府警と神奈川県警の本部長は警視総監とか警察庁長官など、警察トップへのコース通過点ポスト。それが、こんな小犯人を逃がして、おまけにン千人単位の警察官を動員して4日経っても捕まえられないようでは、彼のキャリアはこれで終わり。そのうち、警察庁付きかなんかの閑職に飛ばされて首だろう。但しこれも自業自得だ。何故なら、これまで出先警察署のでたらめを、知ってか知らずか黙ってみていたのだから。
(18.08/17)