口絵(7)


 画像 Coment 
   突然中国う新疆ウイグル自治区の砂漠に現れた”アメリカ空母にそっくり”の構造物の映像。似ているといえば似ているが、最初見たときビール瓶かと思った。
 写真を公開したデータ会社はこれを米軍艦を標的にした訓練施設ではないか、と説明するが、本当でしょうか?他にも似たような施設の写真があるが、どれも爆撃痕はなく、標的として用いられた形跡はない。又動かない固定標的*相手に訓練しても意味はない。第一飛行機が敵艦を狙って爆撃するなど、太平洋戦争の真珠湾攻撃以来の発想だ。
 そういえば真珠湾攻撃では、鹿児島湾を真珠湾と見立てて雷爆撃訓練をやった。似たような発想か?
*元自衛官の評論家が、レールの上を移動させて標的にする「、てなアホ解説をやっていたが、どこの海軍が空母を直線でしか動かさないんだ?レールはこれを運ぶためのもの。
(21/11/09)
    南シナ海で”未知の海山”とやらにぶつかって損傷した米原潜コネテカット。今時”未知の海山”なんかあるわけはない。そもそも海山の定義がわかっていない。おそらく公表できない何者かにぶつかったのだろう。
 なおこの手を使うと、日本も津軽海峡や大隅海峡に”未知の海山”を作って中露を脅すことができる。
(21/11/03)
   大西洋カナリア諸島で生じた火山の噴火。ハワイやアイスランドと同じプレート湧き出し口に出来る玄武岩質の活動です。
 筆者が興味を覚えたのは、溶岩の噴出点が帯状に連なっているように見えること。もしそうなら、地殻に縦の帯状の亀裂が入りそこから噴出したことになる。所謂ダイク(岩脈)の形成です。
 ダイクはあちこちにあるので別に珍しくはない。只その形成過程はなかなか見ることはできなかったので、この映像は価値がある。
(21/09/21)
 これにも続きがあって、今日RUETERの動画で、溶岩の先端がプールに入っていく様子をドローンで撮った映像が公開された。するとまず水蒸気爆発が起こり、後はプールの中に玄武岩の砕屑物が残ります。これがハイアロクラスタイト・・・・日本語では水成破砕岩・・・です。(21/09/23)