豊かな経験、鋭い眼力、確かな判断
ここは横井技術士事務所のホームページです

 横井技術士事務所は、
基礎・地盤の安全診断から地下水・温泉開発、訴訟鑑定まで地下のあらゆる問題解決をサービスします
 当社へは次のアクセスを御利用ください
 TEL/FAX;072-671-7212
 Mail;yokoigx@bh.wakwak,com

 なお上記のアクセスは予告なしに変更することがあります。
 
緑窓会関係はここをクリックして下さい
磁気活水器レポラブリについてはここをクリックして下さい。
横井技術士事務所は技術の競争はしますが、価格の競争はいたしません。価格のみに関心のある方は、別のサイトへお移り下さい。
これは最近小笠原沖で発見された熱水鉱床、いわゆるキューポラです。 NEWS TOPICS
淡路島と明石城
森友学園問題の怪
陥没色々

小池百合子の場合
豊洲市場の真実
福岡博多陥没事故の真実
東京オリンピックの真実
続発する建設災害
阪高大和川線の怪
 一覧
・雪崩は避けられる
・張本お前こそ
・まとめサイトのでたらめ

・17’重大ニューストンデモ大予測
17'年謹賀新年 酉年で行き当たりばったり
・ハロウインの騒ぎと自民党
・鳥貴族ではなくカラス貴族


火山と温泉・地下水 口   絵 東北太平洋沖地震と福島原発事故
火山と温泉
大阪層群と温泉
断層と温泉
自噴泉
温泉・地下水調査法
建設工事と温泉対策
御岳噴火災害
火山災害のあれこれ
硫化水素と非火山性温泉
地熱発電は夢のエネルギーか

富士山の自然
地下水の所有権
 先日淡路島へ行った帰りに寄った明石城本丸登城路の状況。正面石垣ではクラックが入り、左手前の石垣では、一部がはらみだしている状態。既にかなり危険な状態です。早急の対策が必要です。
(1/05/13)
口絵一覧
福島原発凍土壁工法批判
原発建家と安全性
東北太平洋沖地震
日本沈没は本当か?
復興から復旧へ
世田谷ホットスポットの怪
原子力ムラと反原発部落
 
基礎と地盤、地盤災害・建設災害 宇宙からの地球探査 地震、断層  技術提案
辺野古地質調査のポイント
横浜マンション不等沈下
韓国木甫のすべり
13年災害と特別警報
地盤の種類
ガスが出る地盤(八箇峠トンネル爆発事故他)
NZクライストチャーチ地震と地盤

山口県の土砂災害
08年広島安佐区豪雨
・04年新潟豪雨
 ・トルコソマの露天掘り
 ・リオグランデ海膨と黒潮古陸
 ・南極大陸に現れた巨大雪崩
 ・謎のハズマ河
 ・ ニュージーランドの活断層地形
 ・イエーメンのジオグラフィ
 ・アフガニスタンの地下資源
 ・ジプチとアファー三角帯
 ・オーストラリアの隕石衝突跡?
 ・パタゴニアの玄武岩台地
 ・ネバダ砂漠の中の緑地
 ・地球表面のさざ波・・・リップル
 ・西オーストラリアの大塩湖と塩の川
 ・砂漠を流れる川
 ・大地に刻まれた条痕(1)・・・ブラジルジミライス
 ・ミャンマーの活断層地形
                 
パキスタンの地震島
国内の地震の話題
偽活断層(これを活断層と間違ってはならない
立川断層の怪

仏生寺活断層セグメント
大飯原発の活断層
海外の地震の話題
志賀原発と活断層
敦賀原発の活断層
・12/03/14銚子沖地震
中越沖地震色々
中越沖地震と断層
中越地震色々
09年バニアツ沖地震
中国四川地震
阪神大震災の記憶

活断層とは       
海底都市の構築に向けて
碓氷峠の雪害と改良計画
福島原発汚染土対策
福島第一原発汚染水対策
次世代原子力発電所
私の日本防衛論
防災都市の構築に向けて
プラズマ地震予知法の奨め

「鞆の浦」海上架橋問題
 大阪万博閣議了承。戦艦大和、青函トンネル、東北復興事業に次ぐ、世紀の愚策である。東京オリンピックとは一緒にならない。東京の人口は増えているが、大阪は減少だ。将来に莫大な借金を残すだろう。絶対反対。
 ISとロシア(プーチン)は、実は裏で繋がっている。ベルリンテロのバックは、ごろつきプーチンの陰謀である。そのプーチン(とトランプ)に肩入れし操られるアベ晋三は、日本の国益にならない。早急に排除すべきである。
 ペテンの塊、IR法と大阪維新をゴミ箱に捨てよう!
空洞・陥没 古代史の謎を地学から解く 政治・経済・思想評論(国内) 政治・経済・思想評論(国際)
水島シールド事故の教訓
陥没と原初空洞」(論文)
・陥没色々
グアテマラ陥没、ギアナ高地の巨大陥没孔、石林

明石大蔵海岸陥没事故について
旧軍用トンネルと都市災害
津市の陥没について
牛鍵トンネル 
若狭湾の地震と気比神社
キリストは何故産まれたか?
揖保の国と出雲
横溝正史と艮御崎神社/井原鉄道
日本最古の旧石器・・・本当でしょうか?
大阪平野の活断層と聖ライン(3)
大阪平野の活断層と聖ライン(2)
大阪平野の活断層と聖ライン(1)
ヒルベトクムランの地震痕跡
今城塚古墳の地すべり/地震

石器捏造事件と地学
地方創生の真実
無責任メデイアを斬る
沖縄辺野古基地の真実
靖国問題色々
右風と左ネジ
アベとアベノミクス
憲法改正是か非か
ゼロ戦と大和
民意の嘘・・・・民主主義の落とし穴
民主党vs自民党(2)
橋したと維新(2)
小さい政府よりまともな政府
 
・伝統のまやかし
        一覧
セウオル号沈没事件
ロシアとウクライナ
国際学力テスト騒ぎ
アメリカの栄光と没落?
北朝鮮・韓国・北方領土問題
中国の現状と未来
原油価格の真実
イラクの失敗
尖閣諸島と日中関係
TPPてなに?

ギリシアの混迷ー明日は我が身
トヨタリコールとアメリカ
         一覧
地すべり・崩壊   技術支援 本日のTOPICS 環境・エネルギー・原子力問題
アフガニスタンの地すべり
コロンビア鉱山の崩壊
14年ワシントン州地すべり
芦 屋岩園町の場合
13年浜松市地すべり
・(12/09/18)新潟上越市地すべり
表層崩壊と深層崩壊(11年紀伊半島豪雨)
上高地トンネルの崩壊
09年静岡県地震と東名
南おおすみ町の斜面崩壊
岩手ー宮城内陸地震・・・地すべりの原因は・・・荒砥沢地すべり
上北山村(R169)崩壊
急傾斜地対策の実例
白屋地すべりについて
滋賀県某テールアルメ崩壊事故訴訟の顛末  
・踏査、設計・調査計画
・内部監査・設計照査
・訴訟鑑定・鑑定書作成
・会計検査対策
・技術士受験指導
・特殊調査(陥没調査、温泉調査など
 イギリスはマンチェスターで爆弾テロ。ISの犯行とすれば、タイミングから見てトランプの中東歴訪に合わせたものと考えられます。特にエルサレムに行って、スキップを被って、嘆きの壁に手を合わせるなど、心にもないパフォーマンスが酷すぎる。これがIS他の反ユダヤ感情を刺激したのだ。
 あたかもわが国では「テロ等防止法」が衆院通過。イギリスやヨーロッパではとっくにこの種の法律があるはずだ。それでもテロは防げない。こんな役立たずの法律、あってもなくても同じじゃないかと云われかねない。ポイントは捜査当局の能力である。これが劣化しておれば、いくら法律を作っても意味はない。
 さてこういう事件、そもそも反ユダヤであるヨーロッパ極右はどう考えているのか?日本極右の中にも親ナチは大勢いる。アベや稲田、それからあのアホの田母神、三文小説家の百田などだ。
 トランプは自分が中東問題を解決すると大見得を切ったが、それはISを根絶やしにするという、かつて19世紀にアメリカが先住民に対し行った虐殺行為の再現である。果たしてこれでイスラムを根絶やしに出来るか?今のISを根絶やしに出来ても、新たなISを作るだけだ。ヒトラーは自殺間際に「今私が死んでも、100年先に復活するだろう」と予言した。今世界に蔓延する孤立主義・保護主義・排他主義の風潮は、当にヒトラーの再来である。
 従って幾らトランプが騒いでも、イスラム過激主義を根絶やしにすることはできない。もし恒久中東和平を実現するなら、それは常に和平のデッドロックとなるイスラエルを取り除くことである。これには強制的切除法と、自然消滅法の二つがあるが、筆者は後者で、いずれイスラエルと云う国は消えてなくなると考えている。その理由は環境の変化である。トランプが進める反温暖化対策は、地球温暖化を加速し、イスラエルから水資源を奪うだろう。その結果、イスラエルは国家として存続できなくなる。
(17/05/23)

 中国で温泉探査に行った日本人スタッフ6人がスパイ容疑で拘束されました。今から7年程前、中国残留毒ガス対策調査に行った、フジタ工業社員が、同じようにスパイ容疑で拘束されて、民主党の細野が解放交渉に行った事例があります。この直前に尖閣衝突事件がこっていますから、これは明らかに中国側の政治的揺さぶり。さて今回の事件、アベ内閣はどう処理するのでしょうか?
 それはともかく今回の事件、事業は温泉開発という民間事業。事業者が一体何処の何物かわからない。これに日本の商社かゼネコンが乗って、物探のコンサルを引き込んだのだろう。どんな方法を売り込んだのか?もしMTかそれに類した探査法なら、筆者の昔の部下も取っ捕まっているかもしれない・・・あのアホが・・・である。
 サンケイなら、単に探査行っただけでスパイとは何事か!といきまくだろうが、それは世界を知らない田舎者のたわごと。中国も主権国家である。そこに外国人がやってきて、何か怪しいことをやっている・・・物探とか地質調査がやっているのは、部外者の目では結構怪しいのである・・・と誰かが当局に通報すれば、たちまち事件に発展する。当局者も物探の内容など分るわけがないから、とりあえずスパイ容疑でひっくくるのである。
 無論事業申請の段階で探査範囲を明示しているはずだが、これが中国側に伝わっていなかったり、あるいは探査屋が範囲を踏み外してしまった可能性もある。しかし申請時に、中国側事業者が、業務内容を十分理解し、それを当局に伝えられていたかどうかは、極めて怪しい。
 このように新興国・途上国での地質調査は、結構政治リスクが大きい。それに対し、日本の地質屋・物探屋はあまりにナイーブである。だからこういう国のプロジェクトには、うっかり乗ってはならない。これまで筆者の下にもこれに類した話はあったが、全部断っている。危なくて仕方がないからである。
(追記)捕まった日本の物探会社は「日本地下探査」という会社。筆者もよく知っていて、建設企画時代からしばしば下請けとして手伝ってもらっていた。70代の社員というのは、ひょっとして高屋君ではあるまいか?かれは滋賀県出身、名大理学部地球科学からサンコーコンサルタント。昭和50年代、サンコーが労使紛争でもめた時に、上司の川原田らと一緒に「地下探査」を立ち上げた。
 彼らだけでなく、この時期サンコーを辞めた人間は結構多く、その一人が筆者に云うには「骨のあるやつはみんな辞めた。ないのだけが残った」。それは応用地質にも言える。ダイヤなんて、もとから骨なしばっかりだから、こういう揉め事は起こらない。
(117/05/22)

 大分県豊後大野市で突然起こった地割れ。報道では300m四方の狭い範囲で生じているらしい。筆者の勘では、これは間違いなく戦争中に掘削された軍用トンネルか亜炭採掘坑道の崩壊です。県は原因不明ととぼけているが、そんなはずはない。みんな知っているはずだ。こういう事故は今後も日本各地で発生します。
(追記)
 報道では地すべりの恐れありと云われていた。そこで該当する豊後大野市朝蜘町綿山をネット地図で見てみると、小さな地すべりのようなものは見えるが、報道から伺える大規模なものは見えない。地形から見ると、現地の地質はおそらく第三紀層。これは地すべりの素因にもなるが、亜炭採掘層にも、軍用トンネル対象にもなる。もう少し情報の集積が必要。
(17/05/20)
エネルギー・原子力問題のウソホント
再生エネルギーの不都合な真実
電田構想批判

 
 
 森友学園問題の怪  親の育て方の間違い   何故今治のような四国の一中小都市が戦略特区に選ばれたのか?四国で特区をやるなら、港湾施設もある徳島とか、近年人口増加著しい松山になるはずである。愛媛県でも松山と新居浜に挟まれた中途半端今治が、何故特区に選ばれたのか?疑問。云うまでもない、加計学園問題。             ・・・・・・・・・(17/05/1)
 アメリカの栄光と没落?  日本もアメリカも地雷トップ   トランプ政権の痛手。トランプがロシアのラブロフに重要外交機密を漏らした疑い。ところが本人、これを重要機密とは思わず、単なる手土産程度に思っていたらしく、これでロシアと良い関係が出来たとご満悦。国家間交渉を、ただの不動産取引程度にしか思っていないのである。何故こういう,ことをやったのか?             ・・・・・・・・・・(17/05/17)
  北朝鮮・韓国・北方領土問題 止まっても4無駄  本日午後北朝鮮がミサイル一発を発射したということで、日本政府はあたふた大慌て。しかしこの情報は韓国軍からもたらされたもので、日本側は何もわかっていなかった。つまり、日本のミサイル防衛システムは隙間だらけで、Jーアラートなど何の役にも立たないということが分かっただけだ。            ・・・・・・・・・(17/05/21)
  アベとアベノミクス  きな臭い!   日本郵政が野村不動産HDの買収を検討しているという報道。その目的は日本郵政所有の土地活用に、野村HDのノウハウを活用したいということらしい。しかし、我々の目では、野村不動産というのはデベロッパーとしては2線級。果たしてどれだけのノウハウを持っているか疑問。                  ・・・・・・・・・・・(17/05/13)
 小池百合子の場合  .妖術!  小池百合子。この人物、今マスコミ的には人気の的だろうが筆者の見方では、ものを決められない政治家の典型。一見強そうに振舞うが、中身は弱く常に誰かに支えてもらえなければならない。そのかわり世間の目を読むのは巧みタイプ。実はこれ、アベ晋三やトランプなど、大戦後世代に共通する性格だ。          ・・・・・・・・・・(17/05/12)
 憲法改正是か非か アベ改憲の卑しさ  昨日のアベ改憲決意表明。馬鹿げています。何故かと云うと、それぞれの支持勢力へのおもねりとかサービスが過ぎて、本気かと云いたい。まず憲法9条の1、2項を残したままでの自衛隊明記。何故自衛隊のような中途半端な言葉でなく軍隊といえないのか?ここに誤魔化しがある。                      ・・・・・・・・・・(17/05/04)
 民主党vs自民党(3) 情けない近頃の年寄り  自民党が与謝野馨の復党を承認しましたが、ワタクシが不思議に思うのは、何故こんな化石のような人間の復党を求めるのか?ということです。只の数合わせなら人を馬鹿にした話だし、与謝野にしても今更よりを戻してくれ、というのも情けない話だ。最早齢80数才、政界でうろうろせずに                    ・・・・・・・・・(17/05/01)
 イラクの失敗  エルドアンの運命?  トルコの改憲国民投票で、エルドアン支持票が51.4%で、エルドアンが勝利宣言。事実上の大統領選だが、4年前の韓国大統領選でも、朴保守層の得票率はこの程度。それが今や逮捕起訴され、投獄の可能性もある。50%±1%程度ではこれは誤差の範囲。数年後エルドアンは逮捕され、イスラム法に依って斬首されているかもしれない。           ・・・・・・・(17/04/19)
 小さい政府よりまともな政府  大学の仲良しサークル並み   韓国大統領が逮捕されたら、長峰駐韓大使を帰国させた。官邸の指令は、韓国政府に27年日韓合意の実行を促すこと。しかし韓国大統領代行は大使に会おうともしない。考えてみれば当たり前だ。駐韓大使を帰国させたのは日本政府の都合で、韓国に関係はない。             ・・・・・・・・・(17/04/07)
 ギリシアの混迷  東芝よ、お前もか!  東芝危機、つまり倒産危機の原因は、WH買収資金とか経営者の無責任と云われています。確かにその面もあるが、アベノミクスによる円安誘導が、傷を大きく広げてしまった点は無視してはならない。                       ・・・・・・・・(17/04/02)
 福岡博多陥没事故の真実  土木屋の想像力不足   昨日ネットをみていると、永年謎とされてきたギザのピラミッドに使われた石材運搬法について、ある研究者が新説を発表したとある。新説の内容は説にもならない馬鹿話なので忘れてしまった。こういう妄説というか謎が残るのは、文系の考古学者が地質学に無知なため、数千年前の状況と今の状況を混同することが原因である。        ・・・・・・・・(17/03/31)
 原油価格の真実  トランプ景気の終焉?   週が明けると多少とも原油価格は持ち直すか思っていたら、2週間目になっても、NYWTI原油価格はバーレル47ドル台のまま。先週から北米は猛烈な寒波。シェールオイル価格が技術革新で大幅に下がったなどという殆どフェイクと云ってよいニュースが流れるが、 (17/03/28)
 中国の現状と未来  習近平のアキレス腱   今回香港政庁主席に選ばれた林郭月峨なる女性。名前から見ると、漢族ではなく少数民族出身と思われる。中国の少数民族は数多いので、どれかは分からないが、なんとなく南方、雲南系ではなかろうか。少数民族を地域指導者に任命する例はあまり聞かないが、        ・・・・・・・・(17/03/27)
  豊洲市場の真実 反省なきところ進歩なし  昨日BSフジプライムニュース。ゲストは今注目の浜渦元東京都副知事。どっちみちたいしたことは喋らないが、どんな言い訳をするのか興味があって見てみたが、思った通り、この男二流の役人上がりだ。                    ・・・・・・・・(17/03/22)
 右風と左ネジ  逃げまくり   一昨日毎日新聞朝刊、森友事件での保守論客のコメント。百田尚樹・櫻井よし子から中西輝政・八木秀次まで。それぞれの所見だろうが、全体として見えるのは、モゴモゴ、グチグチ。これみんな日本会議の主要メンバーです。彼らのコメントはみんな問題に目を向けず、逃げまくりばっかり。                ・・・・・・・・・(17/03/16)
 民意の嘘・・・・民主主義の落とし穴  大阪ガラクタ万博   大阪府の25年万博招致委員会最高顧問に、堀江貴文が就任することになった。橋したは確かその前に同じ地位についているはずである。これに村上世彰が加われば、平成マネー三悪勢ぞろいだ。これに松井を加えると、ガラクタ四悪になる。            ・・・・・・・・(16/12/24)
 ロシアとウクライナ ゴロツキとヤンキー  ロシアのチェルキン駐国連大使が急死。死因は心臓発作と言われるが、実態は腹上死ではあるまいか。これでロシアの国際ゴロツキが一人消えたわけだが、未だ大物が一人残っている。それはプーチンだ。トランプもゴロツキの一人だ。             ・・・・・・・・・(17/02/22)
侵略と慰安婦   昭和の戦争と憲法  最近街の書店を見ていると、目に付くのが、零戦もの、戦艦大和もの、そして「永遠の0」の様な駄作映画に触発されたのか、特攻ものである。これらの作者が常に云うのは「これは戦争否定、反戦思想の作品です」。果たしてどうか?反戦セリフは巻末にちょっと出るだけで、後は英雄礼賛路線。つまりこれらの作品の底に通じるのは、太平洋戦争肯定論なのである。筆者が云いたいのは、彼等が本当に、かつての戦争を学んでいるのか、である。
戦場娼婦について  メリケルが日本に来て、日本は歴史と向き合うべきだと説教がましいことを云ったが、ドイツは歴史と真剣に向き合ったでしょうか?前にも言ったが、この程ギリシアが5年間の軍事占領に対し、ドイツに戦時賠償を求めたが、ドイツはたった97億円で解決済みと言い張る。
 ドイツはロシアやウクライナ・ポーランドなど旧ソ連圏国には、賠償金を鐚一文払っていない。ドイツ占領下でドイツ軍徴用による慰安婦は一杯いた。         ・・・・・・・・・(15/03/11)
 
橋したと維新 所詮東京頼みの「大阪維新」  先日25年大阪万博セレモニーが東京で開かれましたが、集まった財界人は極僅か。東京では翌日の新聞にも殆ど扱われなかったよし。いや大阪万博は大阪でやるんだから、東京はどうでもよい、と突っ張る人もいるかもしれないが、それはとんでもない間違い。
                       ・・・・・・・・・・(17/05/06)