豊かな経験、鋭い眼力、確かな判断
ここは横井技術士事務所のホームページです

 横井技術士事務所は、
基礎・地盤の安全診断から地下水・温泉開発、訴訟鑑定まで地下のあらゆる問題解決をサービスします
 当社へは次のアクセスを御利用ください
 TEL/FAX;072-671-7212
 Mail;yokoigx@bh.wakwak,com

 なお上記のアクセスは予告なしに変更することがあります。
 
緑窓会関係はここをクリックして下さい
磁気活水器レポラブリについてはここをクリックして下さい。
横井技術士事務所は技術の競争はしますが、価格の競争はいたしません。価格のみに関心のある方は、別のサイトへお移り下さい。
20年元旦初詣で、野見神社に行こうと高槻城址公園によったら、飛び込んできたのが、写真のようなくい打ちリーダー。この場所は元々高槻市浸水防止用の地下貯水池施設箇所。 NEWS TOPICS
19年台風19号災害
吉本問題と大阪
令和元年鎌倉旅行
最近の科学の話題
厳島から岩国へ
平成三十年京都御所参観

 18/09北海道胆振地震
'18年西日本豪雨

コアストーン(核岩)とは
タイの洞窟遭難
平成30年大阪北部地震(高槻)
2019年高槻城址公園
・「風の谷」とは何処か?
・ラグビーW.C.第一戦
・ホリエモン推奨温泉の怪
・吹田拳銃強奪事件
・安全ベルトを装着させない電力会社は何処だ!
・トランプの発音
・舛添とさつきのDV争い
・謎の青酸カリ脅迫
・コピペ判決
・大坂なおみの国籍
・金塊より軽い人間の命
・稀勢の里引退
・台湾鉄道事故と尼崎脱線事故
・阪神をダメにする三悪

火山と温泉・地下水 口   絵 東北太平洋沖地震と福島原発事故
有馬温泉の謎
火山と温泉
大阪層群と温泉
断層と温泉
自噴泉
温泉・地下水調査法
建設工事と温泉対策
御岳噴火災害
火山災害のあれこれ
硫化水素と非火山性温泉
地熱発電は夢のエネルギーか

富士山の自然
地下水の所有権
    本日は令和最初の成人式。左は高槻市文化会館での成人式の様子。早速テレビでは20才になるとなにをしたいですか?なんてやっているが、皆さんはどうでしたか?私など酒やたばこはとっくにやっていたから何にもなかった。当日は市会議員が配った酒のタダ券もって、近所の酒屋でワンカップを呑んで終わり。今じゃ公選法違反でとんでもないことになりますが、当時はそんなの当たり前。中には現金配るのまでいた。
 20才にもなれば腹に一物政治家のバラマキや妙なIT屋のバラ色宣伝、ネットインチキ情報に騙されないようになりましょう。
(20/01/13)
口絵
福島原発凍土壁工法批判
原発建家と安全性
東北太平洋沖地震
日本沈没は本当か?
復興から復旧へ
世田谷ホットスポットの怪
原子力ムラと反原
基礎と地盤、地盤災害・建設災害 宇宙からの地球探査 地震、断層 技術提案
基礎工法色々
南海本線基礎の沈下
阪高大和川線の怪
辺野古地質調査のポイント
横浜マンション不等沈下
韓国木甫のすべり
13年災害と特別警報
地盤の種類
ガスが出る地盤(八箇峠トンネル爆発事故他)
NZクライストチャーチ地震と地盤

山口県の土砂災害
08年広島安佐区豪雨
・04年新潟豪雨
 ・アタカマ砂漠のリチウム工場
 ・トルコソマの露天掘り

 ・リオグランデ海膨と黒潮古陸
 ・南極大陸に現れた巨大雪崩
 ・謎のハズマ河
 ・ ニュージーランドの活断層地形
 ・イエーメンのジオグラフィ
 ・アフガニスタンの地下資源
 ・ジプチとアファー三角帯
 ・オーストラリアの隕石衝突跡?
 ・パタゴニアの玄武岩台地
 ・ネバダ砂漠の中の緑地
 ・地球表面のさざ波・・・リップル
 ・西オーストラリアの大塩湖と塩の川
 ・砂漠を流れる川
 ・大地に刻まれた条痕(1)・・・ブラジルジミライス
 ・ミャンマーの活断層地形
                 
平成28年熊本地震の話題
パキスタンの地震島
国内の地震の話題
偽活断層(これを活断層と間違ってはならない
立川断層の怪

パキスタンの地震島
立川断層の怪

仏生寺活断層セグメント
大飯原発の活断層
海外の地震の話題
志賀原発と活断層
敦賀原発の活断層
・12/03/14銚子沖地震
中越沖地震色々
中越沖地震と断層
中越地震色々
09年バニアツ沖地震
中国四川地震
阪神大震災の記憶

活断層とは       
海底都市の構築に向けて
碓氷峠の雪害と改良計画
福島原発汚染土対策
福島第一原発汚染水対策
次世代原子力発電所
私の日本防衛論
防災都市の構築に向けて
プラズマ地震予知法の奨め

「鞆の浦」海上架橋問題
今ワタクシのお勧め本  「吉田伸夫「宇宙に終わりはあるか 最新宇宙論が描く・・・・10の100乗年後まで」  この本に述べられている現代物理学が予測する宇宙の終焉には、どんなホラーも勝てないだろう。     ブルーバックス
空洞・陥没 古代史の謎を地学から解く 政治・経済・思想評論(国内) 政治・経済・思想評論(国際)
R01いわき市の崩壊
謎のケニアの地割れ

福岡博多陥没事故の真実
水島シールド事故の教訓
陥没と原初空洞」(論文)
・陥没色々
グアテマラ陥没、ギアナ高地の巨大陥没孔、石林

明石大蔵海岸陥没事故について
旧軍用トンネルと都市災害
津市の陥没について
トンネルと陥没 
沖ノ島の謎(日本古代史の闇)
若狭湾の地震と気比神社
キリストは何故産まれたか?
揖保の国と出雲
横溝正史と艮御崎神社/井原鉄道
日本最古の旧石器・・・本当でしょうか?
大阪平野の活断層と聖ライン(3)
大阪平野の活断層と聖ライン(2)
大阪平野の活断層と聖ライン(1)
ヒルベトクムランの地震痕跡
今城塚古墳の地すべり/地震

石器捏造事件と地学
日本の役人
リニア新幹線の真実
タレントクラシーの時代
森友学園問題の怪
小池百合子の場合
豊洲市場の真実
東京オリンピックの真実
地方創生の真実
沖縄辺野古基地の真実
右風と左ネジ
アベとアベノミクス
憲法改正是か非か
民意の嘘・・・・民主主義の落とし穴
民主党vs自民党

        一覧
北朝鮮核実験
国際思想いろいろ

セウオル号沈没事件
ロシアとウクライナ
国際学力テスト騒ぎ
アメリカの栄光と没落?
北朝鮮・韓国・北方領土問題
中国の現状と未来
原油価格の真実
イラクの失敗
尖閣諸島と日中関係
TPPてなに?

ギリシアの混迷ー明日は我が身
トヨタリコールとアメリカ
        
地すべり・崩壊   技術支援 本日のTOPICS 環境・エネルギー・原子力問題のウソホント
2018年大分耶馬溪崩壊
17中央道瑞浪の土砂崩壊
アフガニスタンの地すべり
海外の地すべり
14年ワシントン州地すべり
芦 屋岩園町の場合
13年浜松市地すべり
・(12/09/18)新潟上越市地すべり
表層崩壊と深層崩壊(11年紀伊半島豪雨)
上高地トンネルの崩壊
09年静岡県地震と東名
南おおすみ町の斜面崩壊
岩手ー宮城内陸地震・・・地すべりの原因は・・・荒砥沢地すべり
上北山村(R169)崩壊
急傾斜地対策の実例
白屋地すべりについて
滋賀県某テールアルメ崩壊事故訴訟の顛末  
・踏査、設計・調査計画d
・内部監査・設計照査
・訴訟鑑定・鑑定書作成
・会計検査対策
・技術士受験指導
・特殊調査(陥没調査、温泉調査)
 関経連が25年大阪万博敷地整備費が当初の1250億円より2~3割り増になる見通しと発表した。理由は資材・人件費値上がりによるコスト増である。これに対し大阪市長の松井は「資材が値上がりすればコストが上がるのはしゃーない。これが資本主義や」と居直り発言。この男、所詮八尾のヤンキー上がりで、資本主義がどういうものかが全く分かっていない。。その点はアメリカのトランプとよく似ている。
 コストが高くなったから予算を上げるというのは、資本主義でも何でもない。むしろソ連型社会主義か官僚統制主義で、いずれも国家・社会を食い物にして破綻させる元凶である。その典型がかつての国鉄だったのだ。大日本帝国もある時からこの統制経済主義を受け入れたため、国家・社会に責任を持つものが誰もいなくなり、結局は国民と天皇に責任を負わせて滅亡してしまった。
 何でも「しゃーない」で」済ますのは資本主義でも何でもない、官僚社会主義だ。かつての大阪府は当に「しゃーない官僚社会主義」だった。それにストップを掛けたのが橋下徹なのである。橋下はそもそも維新とは無関係だった。それをかついだのが元自民DNAの「大阪維新の会」だ。果たして橋下は松井の「しゃーない主義」を認めるのか?
 企業・官庁に於いて「しゃーない主義」が発生・横行する原因は、ラインに工夫努力が無いことと、トップが縁力維持のための保身をはかることである。筆者はこれまで幾つかの企業事業所を見てきたが、万年赤字を出すのは全てこれが原因である。まず計画性がない、コスト意識がない、最後は「しゃーない」という無責任=責任転嫁主義である。誰に責任を転嫁するかというと、大抵は下請けとか、発注者の過剰要求である。しかしよく見ると本当はそうではない。当人の無責任なのである。松井発言から見ると、既に大阪府・大阪市には「しゃーない官僚主義」が復活しているようだ。これも長期政権による「緩み」である。
 資本主義とは事業者・出資者双方の契約に基づく経済活動である。プロテスタント原理主義社会では、これは神との契約とも理解される。契約を担保するものは双方の信用であり、信用を担保するものは双方が所有する資産である。契約の目的は双方が出資した分だけの利潤を売ることで、一方的な負担はあり得ない。
 契約(=利潤の獲得)を果たせなければ、事業者はその損害を償わなくてはならない。シェークスピアの「ベニスの商人」の様に「血と肉」で支払わなくてはならない。「思ったより金がかかった、しゃーない」で済まされる世界ではないのである。
 筆者の見るところ万博整備費は当初予算の2~3割り増しどころか、2~3倍になるでしょう。根本的な計画・設計がなっていない。誰があんな出来の悪い馬鹿げたマンガを描いたのか?画に描いた餅の典型だ。問題はIRだが、実状を実状を知れば、大概のIR事業者は逃げ出すだろう。
 ついでにIRについて述べておきましょう。自民秋元他多数の議員に対し、中国500.comから現金他賄賂がわたっていて、その中に維新議員(下地)もいた。松井は早速下地を除名にしたが、これなど典型的トカゲのしっぽ切り。
 大阪維新は大阪IR誘致を巡ってこれまで散々アベ政権と、吉本まで使ってコンタクトを取ってきた。しかしアベの本命は改憲で、そのために維新を利用するだけ。それに気づかないのが、所詮八尾のヤンキー、大阪田舎政党。
 アベにとって主戦場はあくまで改憲。IRは菅案件。最近事件を起こす菅原や河井はみな菅グループ。こんな面倒に巻き込まれたくないのが本音だ。
(20/01/17)
アタカマ砂漠のリチウム工場
エネルギー・原子力問題のウソホン
日本は核武装出来るか
死海の大問題
 
 ゴーンという響き  ゴーンの失敗は日本の有力政治家に賄賂をばらまかなかったこと   イラン問題と並んで今のマスコミ話題はニッサンvsゴーン問題。メデイアでは日産に買収された評論家や弁護士、マスコミとかアホタレントが、やれ日本の法律を護れとか、逃げたのは自分の罪を認めたからだ、など江戸時代の捕り物帖的発想を垂れ流す。この問題は(1)ゴーンにとって法律とはなにか、(2)日本にとってゴーンとニッサン経営陣のどちらが役に立ったか、の2点で考えるべきです。              ・・・・・・・・・・(20/01/16)
  中国の現状と未来  習近平国賓招致は自民党政局か?   台湾総統選挙で民進党の祭が圧勝。これは事前に予測されたことで別に驚くことではありません。マスコミではこれで習近平他中国側が困ったというような見方が主流です。しかし習側もこういう結果は当然予想していたはずで、今頃その対策を立てているだろう。
          ・・・・・・・・  (20/01/13)
 原油価格の真実  50年も何をやっていたのか!  さてイランの対米報復、殆ど何にもなし。これを昨日某民放BS番組でMCが「カブキゲーム」じゃないですか、と云ったら、ゲストの評論家はいやそうじゃない、と否定。しかし我々無責任な野次馬の眼では、どう見ても八百長カブキゲームなのである。本人同士が「カブキ」をやろうが、こっちには知ったことではないが、          ・・・・・・・・・ (20/01/11)
 地方創生の真実  地方創生とは?   実はワタクシは2、3年前から、大阪に本社がある中小の建売不動産会社が抱える訴訟に関係していて、昨日その担当者と鑑定意見書について打ち合わせをした。その会社の経営者は在日韓国人。そこで「裁判なんて面白くもない話より温泉付きリゾートとか夢のある話を持ってこい。            ・・・・・・・・・・(20/01/07)
 イラクの失敗  日本にとって最大の悪夢は東京オリンピックテロ  アメリカによるイラン革命防衛隊動員隊司令官殺害をトランプ自身が、これはオレの命令でやったと表明。5年前のオバマによるウサマビンラデイン殺害の向こうを張って、これはオレの手柄だと、大統領選のプロパガンダ目的は明らか。           ・・・・・・・・・・(20/01/03)
 小さい政府よりまともな政府  何でも民営化教というカルト   元旦の年賀状の束を見ると一番裏に、「長門」という名前の賀状があった。さて、知り合いに長門なんてのはいなかったが、と思ってよくみると日本郵政社長の長門からの詫び状だった。こんなもの読んでも仕方がないと思ってゴミ箱へポイ。多くの人はそうしたでしょう。       ・・・・・・・・・(20/01/02)
  リニア新幹線の真実  リニア三重・奈良ルートの最大の問題は地下水対策   大阪府の吉村がリニア延伸に関する財界人とのシンポジウムで、南アルプスと違って、三重・奈良ルートは水の心配はありませんと胸を張った。素人とは幸せなものだ。全く想像力というものを持ち合わせていない。これは何となく6年前の東京五輪招致大会で、日本のアベ首相が「・・・8月の日本は最も良い季節です、         ・・・・・・・・(19/12/28)
  福島第一原発汚染水対策  どっちみちヤスモノ買いの銭失い   福島汚染水処理法がどうやら海洋投棄とか空中拡散などの安易な方法で決まりそうだ。安易ということはヤスモノということで、将来に対するイノベーションはない。しかし処分法の中に地層処分というのがあった。これが具体的にどのようなものかわらないが、筆者が云うような大胆なものなら褒めてとらす。           ・・・・・・・・・(19/12/23)
 アベとアベノミクス  三菱カルト電機会社とアベ長州テロリズム    三菱電機が今年のブラック企業大賞。理由は今年、兵庫県三田にある同社研修センターで、指導員から叱責された社員が自殺したというもの。他にもよく似た事件が幾つもあるらしい。この事件を報道で見て筆者が思い浮かべたのが、80年代電力業界に吹き荒れたTQC(総生産性向上運動)騒動。           ・・・・・・・・・(19/12/25)
  私の日本防衛論  やっぱりレーザーガンだ!   ボーイングが737MAX生産中止を発表したかと思うと、同日にボーイング製ISS往還機スカイライナーに欠陥が見つかってドッキング中止、急遽帰還といういう騒ぎ。一体ボーイングに何があったのでしょうか?ボーイングと云えばかつてB17、B29、B52などの大型重爆撃機やジャンボのような大型民間機を作った、           ・・・・・・・・・(19/12/23)
 アメリカの栄光と没落?  日本ラクダ外交のツケ   米下院はトランプ弾劾を議決したが、本人は全く意に介さず更に支持層はよりトランプ擁護に傾く。これは事前に予想されたことなので別に驚くことはない。しかし静かに且つ確実にトランプの足元に忍び寄っているのが、今のアメリカバブル崩壊。              ・・・・・・・・・(19/12/20)
 民主党vs自民党  人材不足   共同通信世論調査によれば、次期自民党総裁にふさわしい人物として、トップは石破、2位が進次郎、3位がシンゾーで、4位が河野太郎、以下岸田、菅と続く。しかし党内では次期は岸田が本命。世論人気がワースト2なのに本命とは面妖だが、理由はアベが意中だということだ。              ・・・・・・・・・(19/12/18)
 北朝鮮・韓国・北方領土問題  身代金目当てか?   北方で日本漁船5隻がロシアに拿捕された。ロシアは検査目的だというが、同時に5隻とは面妖。通常はこれを何らかの政治シグナルと受け取る。但し今のロシアはかつてのソ連時代と違って、政府中央の意図がそのまま末端まで届くとも思われないので、現場の誰かが日本側からの賄賂目的でやった可能性も否定できない。        ・・・・・・・・(19/12/18)
 森友学園問題の怪  小才の墓穴   政府が到頭数学・国語記述式試験導入を事実上撤回。又昨日大阪地検特捜部は明浄学園25億円資金問題について、山岸容疑者を逮捕。更にその前には滋賀県の某保育園で、副園長によるパワハラで保育士全員が辞表を出す。更に一昨年には兵庫県の保育園での園児虐待補助金搾取疑惑が発覚。             ・・・・・・・・・(19/12/18)
 ギリシアの混迷ー明日は我が身  いよいよ現実化するUK解体   英国総選挙保守党圧勝で確実になったのがブレグジット。そしてもう一つ重要な課題として浮かび上がりそうなのがスコットランド独立問題。 総選挙結果を見ると、スコットランドは民族党が圧勝。イングランドでも労働党と保守党勝利地域の分布は斑で均質とは言えない。労働党勝利地域は西部のウエールズとか            ・・・・・・・・・(19/12/16)
 エネルギー・原子力問題のウソホン  今脱炭素をやらなければ日本は世界から取り残される   コイズミ進次郎がCOP25の演説とその後の記者会見でのトンチンカン発言で大恥をかいた。これで日本は二日続けて化石賞受賞。日本国内での化石大賞は言うまでもなく総理大臣のアベ晋三。麻生・菅あたりがそれに続く金賞。それに比べれば進次郎など銅賞のレベル。これに負けない小物化石一等賞が大阪の橋下徹。           ・・・・・・・・・(19/12/15)
  伝統のまやかし  長州ヤクザの天皇乗っ取り作戦   やや古い話題だが自民党の二階がいきなり女帝、女系天皇容認を言い出した。無論これには自民保守派から猛反発だ。そもそも女帝、女系天皇は旧民主党らリベラル派からの主張で、これに共産党まで乗っかるから、とうとう共産党も君主制を認めたのか、と妙な感心。               ・・・・・・・・・19/12/08)
 沖ノ島の謎(日本古代史の闇)  大嘗祭と蛇神信仰・・・フレーザー流の解釈  蛇神信仰は古代からユーラシアから新大陸まで広く行われてきた習俗で別に珍しくはない。蛇神信仰の始まりは、蛇は脱皮を繰り返しその都度新しい個体となる。これは死と再生の繰り返し、つまり永遠の生命を物語る。更に一度に多数の卵を産むので豊穣のシンボルともされる。            ・・・・・・・・(19/11/26)
 右風と左ネジ  三島由紀夫事件とは何か?コンプレックスのなせる業   今から49年前の本日、筆者は紀伊半島のダムサイト概略調査で、和歌山県新宮の旅館にいた。朝からの大雨で外に出られないから、旅館でテレビを見ていると飛び込んできたのが、東京市谷防衛庁に三島由紀夫が乱入し、自衛隊に決起を呼びかける報道。いわゆる三島由紀夫市谷事件である。         ・・・・・・・・・(19/11/25)
 マスコミを斬る  やっぱり三流のサンケイ   ネットニュースを見ていると、常に驚かされるのがニュースキャプションに於ける日本語のお粗末さである。今日もMSニュースサイトを開くと「韓国無断で不意打ち」というのがあった。当たり前だが不意打ちは無断でやるものだ。今から不意打ちしますよと相手に断りを入れる馬鹿はいない。           ・・・・・・・・(19/11/08)
 19年台風19号災害  霊力が衰えた王様(首相)はいけにえに   台風15、19、21号と立て続けの台風の影響で首都圏は大災害の様相*。特に19、21号が雨台風で、千葉、神奈川、茨城は大洪水に見舞われている。しかしこの中で首都東京だけは何とか生き延びている。この理由として大規模地下貯水施設とか周辺のダムの効果、中でも八ッ場ダム効果がクローズアップされている。
 しかしそれだけでしょうか?             ・・・・・・・・(19/10/26)
 東京オリンピックの真実  過剰適応の末路   突然の東京五輪マラソン・競歩の札幌開催。事前に競技団体にも開催都市にも何の連絡もなくいきなりの決定通知だ。筆者はこのドタバタ劇を近代オリンピックの「終わりの始まり」と考える。脚本はアメリカメデイア業界、役者はバッハ以下のIOC委員だが、下手すぎてみていられない。             (19/10/19)
 日大事件の本質  京大の強さの秘密   昨日滋賀県にいる娘の家に行って、帰りにJRに乗っていると草津から数人の若者が乗り込んできた。何かスポーツ用具を持っているので「ホッケーか?」と尋ねたら「ラクロスです」と答える。立命のラクロス部だ。
 関西の大学で何処が強いかと尋ねると「京大です、理由は          ・・・・・・・・・(19/10/16)
 最近の科学の話題  リチウムイオン産業のこれからの課題  旭化成特別フェロー吉野氏のノーベル化学賞が決って御同慶の至り。これで京大は又ハクが付いた。受賞理由はリチウムイオン電池の開発だ。これは今どこでも使われているが欠点は熱を持つということだ。誰でもPCを動かしてると底が熱くなるのを知っているが、これはリチウムイオンの発熱作用。            ・・・・・・・・(19/10/10)
 関電裏金の真実 典型的「ガダルカナル症候群」  八木会長他関電役員たった6人が辞表を出したが、社長は第三者委員会の報告書が出るまで居残るつもり。この点がこの会社のよく分からないところ。本来第三者委員会の調査は新経営陣の下で行われるべきものなのである。また、吉田建設から元助役に渡った3億と、元助役から関電にわたった3.2億との逆ザヤは           ・・・・・・・(19/10/10)
 国際思想いろいろ  左の巻き返しの始まりか?   最近の海外政治で興味を覚えるのは、これまで猛威を振るってきた右派ポピュリズムに対する反動が表れだしたことだ。
1、先月行われたイスラエル総選挙では与党リクードが敗北。中道右派と連立を組まざるを得なくなった。これまでの強硬派ネタニヤフの求心力は急速に弱まっている。            ・・・・・・・(19/10/03)
 R01いわき市の崩壊    この崩壊はどうやら戦時中の防空壕が犯人らしいようですが、いわき市にはもう一つ注意しなくてはならない穴があります。それは常磐炭田の廃坑です。これも陥没の素因になります。多分この崩壊地点と常磐炭田の地質は共通しているでしょう。          ・・・・・・・・(19/08/31)
  橋したと維新  問題は市・府大学統合でどういう思想を作るかだ。しっかりしろよ   大阪市立大学と府立大学の統合基本案が出てきて、いよいよこれも動き出しそうだ。これによると本部は森之宮に置き、1学域11学部を擁する巨大大学が出現することになる。市大と府大との統合案は筆者が未だ学生だった昭和40年代初めには既にあり、聞くところによれば           ・・・・・・・・・・(19/08/25)
 吉本問題と大阪  吉本の裏で嗤う関西闇社会  吉本がクビにしたはずの芸人11人の復帰を発表。但し田村は別、加藤とも和解はせず。この11人はっきり言えば末端の末端。吉本にとってみればどうでも良い存在。どっちみちこんなことになるだろうとは思っていた。要するに大山鳴動ネズミ一匹に収める事が重要。           ・・・・・・・・・・・(19/08/20)
 ・火山災害のあれこれ     昨日小噴火を起こした浅間山。中央噴火口の様子が非常に綺麗に映っているのでコピーしておきました。噴煙が白いのはこれが水蒸気だからでしょう。         ・・・・・・・・(19/08/08)
 国内の地震の話題  あの波は一体何ものか?   今朝9時頃、いきなりドンと大きな揺れがあって、さて地震かと思ったらそれっきり。実はこれが今朝9:11の千葉県東方沖地震。規模はM5.5と大したことはなく、震源も遠いのに何故高槻まで振動が届いたのでしょうか?             ・・・・・・・・・(19/06/24)
 憲法改正是か非か  最初に新憲法に反対し、自主憲法制定を主張したのは共産党だ   昨日は憲法記念日。各地で改憲派、護憲派の集会が開かれています最近勢いが強いのが改憲派。当たり前だが、憲法遵守義務を負う総理大臣が、自らその義務を放棄して改憲を主張するのだから仕方がない。           ・・・・・・・・・(19/05/04)
 TPPてなに?  誰も真似しないアベノミクス   平成最後の国際会議として注目すべきは、先日北京で行われた”一帯一路国際フォーラム”である。これには150か国が加盟し、137か国が代表団を派遣した。日本からは二階俊博が参列しペコペコ演説をやっている。          ・・・・・・・・・(19/04/30)
 平成28年熊本地震の話題  業績客観化という落とし穴   京都大学教授の林愛明が熊本地震に関する論文不正で槍玉に上がっています。筆者は彼をよく知っている。彼は中国江南地方の出身で、日本では㈱建設技術研究所という国交省河川局系列コンサル会社にいたが、その後確か神戸大学理学部に移り、その後京大に移ったのだろう。             ・・・・・・・(19/03/28)
  沖縄辺野古基地の真実  結局辺野古は役立たずで普天間固定が日米双方の狙い
  沖縄辺野古基地埋め立て工事での軟弱地盤対策について、普天間移転を遅らせるためのいいわけではないかという疑問が、野党筋から出てきました。そうだとすると色々なことがよく分かる。この埋め立て工事については大きく次の2点で疑惑がある。
1、本当に軟弱地盤があるのか?               ・・・・・・・・
(19/03/24)
 日本の役人  何でも先手必勝   酔っぱらって大韓航空機内や韓国空港で暴れて暴言を吐いて、日本に強制送還された外務省課長に対し、大韓航空労組が提訴と公務員資格はく奪訴訟をおこすという騒ぎ。現実にそんなことが出来るはずはないが、これも現在の文政権による反日政策の一環。            ・・・・・・・・(19/03/23
 横浜マンション不等沈下  レオパレスの上を行くトランプ   レオパレスの手抜き工事がトップの指示だったことが判明。どっちみちこんなことだと思っていた。これだけでなく昨年のアパマン爆発事件も経営トップが絡んでいるはずだ。それよりひどいのはボーイング737MAXのコンピューターソフト問題。昨年のインドネシア航空他の墜落事故を受けて         ・・・・・・・(19/03/20)
  川重・神戸製鋼事件と日本の技術  蔓延する会社ファースト主義の末路   大林組の某部長が就職面談に来た女子大生に手を出して、それが週刊誌に暴露。ダメなのは勿論女子大生に手を出したアホ部長だが、輪をかけてアホなのが本社の人事部長とその部下の課長。元々、大林という会社で女性トラブルなんて聞いたことがなかった。          ・・・・・・・・・・(19/03/15)
 東北太平洋沖地震  漁師は海を離れたが」らない・・・隠岐の島の海岸道路  本日3月11日は東北大震災の日。東北大震災と云えば津波。今から20年ほど前、某設計会社の依頼で隠岐の島の道後にトンネルの調査に行ったことがある。その会社が隠岐の島のトンネル実施設計受注を目論んで、地質の様子を見てくれというわけだ。            ・・・・・・・(19/03/11)
 平成30年大阪北部地震(高槻)  次はフオッサマグナ地震   相変わらず、今回の大阪北部地震を、次の大地震あるいは南海トラフ地震の前触れという説が巷にあふれている。筆者が思うに、これらの地震前触れ説は殆ど占いかマジナイのレベル。どのようにも解釈できるという点で、ノストラダムスと変わらない。みんな揃ってノストラダムスをやっているのだ。            ・・・・・・・(18/06/27)
侵略と慰安婦   【昭和の戦争と憲法】   「夏がくれば思い出す」、遥かな尾瀬のようなロマチックなものではなく、辻正信とか小野田寛郎のような旧軍人の亡霊。両方ともとんでもない間抜け、無責任は変わりはないが、ここでは小野田寛元少尉を取り上げる。彼は今から40年程前フィリピンのルパング島で生存が確認され、その後              ・・・・・・・・・・・(19/08/11)          
  戦場娼婦について  メリケルが日本に来て、日本は歴史と向き合うべきだと説教がましいことを云ったが、ドイツは歴史と真剣に向き合ったでしょうか?前にも言ったが、この程ギリシアが5年間の軍事占領に対し、ドイツに戦時賠償を求めたが、ドイツはたった97億円で解決済みと言い張る。
 ドイツはロシアやウクライナ・ポーランドなど旧ソ連圏国には、賠償金を鐚一文払っていない。ドイツ占領下でドイツ軍徴用による慰安婦は一杯いた。         ・・・・・・・・・(15/03/11)