現在大阪府立図書館で開催中の菊花石展で展示されているある菊花石の断面。一番上は菊花紋(斜長石の放射状結晶)が発達する玄武岩の溶岩。  豊かな経験、鋭い眼力、確かな判断
ここは横井技術士事務所のホームページです

 横井技術士事務所は、
基礎・地盤の安全診断から地下水・温泉開発、訴訟鑑定まで地下のあらゆる問題解決をサービスします
 当社へは次のアクセスを御利用ください
 TEL/FAX;072-671-7212
 なお上記のアクセスは予告なしに変更することがあります。

 
緑窓会関係はここをクリックして下さい
磁気活水器レポラブリについてはここをクリックして下さい。  
横井技術士事務所は技術の競争はしますが、価格の競争はいたしません。価格のみに関心のある方は、別のサイトへお移り下さい。
NEWS TOPICS
2020年九州豪雨
ストーンヘンジの謎
新型ウイルス感染
19年台風19号災害

吉本問題と大阪
令和元年鎌倉旅行
最近の科学の話題
厳島から岩国へ
平成三十年京都御所参観

 18/09北海道胆振地震
'18年西日本豪雨

・京都市立芸大と京都芸大
・石原慎太郎の業病
・宝塚ボウガン殺人事件
・ホリエモンロケットの行方
・「風の谷」とは何処か?
・ラグビーW.C.第一戦
・ホリエモン推奨温泉の怪
・吹田拳銃強奪事件
・安全ベルトを装着させない電力会社は何処だ!
・トランプの発音
・舛添とさつきのDV争い
・謎の青酸カリ脅迫
火山と温泉・地下水 口   絵  東北太平洋沖地震と福島原発事故 
有馬温泉の謎
火山と温泉
大阪層群と温泉
断層と温泉
自噴泉
温泉・地下水調査法
建設工事と温泉対策
御岳噴火災害
火山災害のあれこれ
硫化水素と非火山性温泉
地熱発電は夢のエネルギーか

富士山の自然
地下水の所有権
 これは最近発表されたテチス海西部の古地図。パンゲアがほぼ分裂初期の段階なので、ジュラ紀末から白亜紀初。図の中央は古アドリア大陸と呼ばれる大陸地塊。一つのマイクロプレート。これの左端の緑の部分(陸地)が現在のイタリア半島の東半分に相当する。ジュラ紀末からこの大陸が北上し、白亜紀から古第三紀にかけてヨーロッパに衝突した。
 イタリア半島は中央のアペニン山脈で地形上東西二つに分かれるが、地質的にも分かれる。マカロニウェスタンはイタリアで撮影されたが、筆者が気にかかっていたのが、しばしば画面に激しい褶曲構造の露頭が現れる。これはプレート合体部に出来る付加体の特徴。つまり撮影現場が大規模な地殻変動帯ということを意味する。ハリウッドウエスタンの舞台はテキサス周辺であることが多いが、あの辺りは安定陸隗で褶曲構造は形成されない。
 この図面で何故マカロニウェスタンに褶曲構造が現れるのかが分かった。マカロニウェスタンはプレートの衝突現場で撮影されたのである。
(20/10/24)
口絵
福島原発凍土壁工法批判
原発建家と安全性
東北太平洋沖地震
日本沈没は本当か?
復興から復旧へ
世田谷ホットスポットの怪
原子力ムラと反原
基礎と地盤、地盤災害・建設災害  宇宙からの地球探査  地震、断層 技術提案
基礎工法色々
堤体補強工法
南海本線基礎の沈下
阪高大和川線の怪
辺野古地質調査のポイント
横浜マンション不等沈下
韓国木甫のすべり
13年災害と特別警報
地盤の種類
ガスが出る地盤(八箇峠トンネル爆発事故他)
NZクライストチャーチ地震と地盤

山口県の土砂災害
08年広島安佐区豪雨
・04年新潟豪雨
 ・アタカマ砂漠のリチウム工場
 ・トルコソマの露天掘り

 ・リオグランデ海膨と黒潮古陸
 ・南極大陸に現れた巨大雪崩
 ・謎のハズマ河
 ・ ニュージーランドの活断層地形
 ・イエーメンのジオグラフィ
 ・アフガニスタンの地下資源
 ・ジプチとアファー三角帯
 ・オーストラリアの隕石衝突跡?
 ・パタゴニアの玄武岩台地
 ・ネバダ砂漠の中の緑地
 ・地球表面のさざ波・・・リップル
 ・西オーストラリアの大塩湖と塩の川
 ・砂漠を流れる川
 ・大地に刻まれた条痕(1)・・・ブラジルジミライス
 ・ミャンマーの活断層地形
                 
 平成28年熊本地震の話題
パキスタンの地震島
国内の地震の話題
偽活断層(これを活断層と間違ってはならない
立川断層の怪

パキスタンの地震島
立川断層の怪

仏生寺活断層セグメント
大飯原発の活断層
海外の地震の話題
志賀原発と活断層
敦賀原発の活断層
・12/03/14銚子沖地震
中越沖地震色々
中越沖地震と断層
中越地震色々
09年バニアツ沖地震
中国四川地震
阪神大震災の記憶

活断層とは
海底都市の構築に向けて
碓氷峠の雪害と改良計画
福島原発汚染土対策
福島第一原発汚染水対策
次世代原子力発電所
私の日本防衛論
防災都市の構築に向けて
プラズマ地震予知法の奨め

「鞆の浦」海上架橋問題
大阪都になれば、大阪は二重行政打破どころか三重行政になるだろう。
学術会議任命は慣習にとらわれないが、ヤスの葬式は旧例を踏襲。これが秋田の禿ネズミの倒錯論理
空洞・陥没 古代史の謎を地学から解く  政治・経済・思想評論(国内) 政治・経済・思想評論(国際)

R01いわき市の崩壊
謎のケニアの地割れ

福岡博多陥没事故の真実
水島シールド事故の教訓
陥没と原初空洞」(論文)
・陥没色々
グアテマラ陥没、ギアナ高地の巨大陥没孔、石林

明石大蔵海岸陥没事故について
旧軍用トンネルと都市災害
津市の陥没について
トンネルと陥没 

古代出雲と硯石層群
沖ノ島の謎(日本古代史の闇)
若狭湾の地震と気比神社
キリストは何故産まれたか?
揖保の国と出雲
横溝正史と艮御崎神社/井原鉄道
日本最古の旧石器・・・本当でしょうか?
大阪平野の活断層と聖ライン(3)
大阪平野の活断層と聖ライン(2)
大阪平野の活断層と聖ライン(1)
ヒルベトクムランの地震痕跡
今城塚古墳の地すべり/地震

石器捏造事件と地学
ゴーンという響き
日本の役人

リニア新幹線の真実
タレントクラシーの時代
森友学園問題の怪
小池百合子の場合
豊洲市場の真実
東京オリンピックの真実
地方創生の真実
沖縄辺野古基地の真実
右風と左ネジ
アベとアベノミクス
憲法改正是か非か
民意の嘘・・・・民主主義の落とし穴
民主党vs自民党

        一覧
北朝鮮核実験
国際思想いろいろ

セウオル号沈没事件
ロシアとウクライナ
国際学力テスト騒ぎ
アメリカの栄光と没落?
北朝鮮・韓国・北方領土問題
中国の現状と未来
原油価格の真実
イラクの失敗
尖閣諸島と日中関係
TPPてなに?

ギリシアの混迷ー明日は我が身
トヨタリコールとアメリカ
        
地すべり・崩壊   技術支援  本日のTOPICS 環境・エネルギー・原子力問題のウソホント
斜面災害の問題
2018年大分耶馬溪崩壊
17中央道瑞浪の土砂崩壊
アフガニスタンの地すべり
海外の地すべり
14年ワシントン州地すべり
芦 屋岩園町の場合
13年浜松市地すべり
・(12/09/18)新潟上越市地すべり
表層崩壊と深層崩壊(11年紀伊半島豪雨)
上高地トンネルの崩壊
09年静岡県地震と東名
南おおすみ町の斜面崩壊
岩手ー宮城内陸地震・・・地すべりの原因は・・・荒砥沢地すべり
上北山村(R169)崩壊
急傾斜地対策の実例
白屋地すべりについて
滋賀県某テールアルメ崩壊事故訴訟の顛末  
・踏査、設計・調査計画d
・内部監査・設計照査
・訴訟鑑定・鑑定書作成
・会計検査対策
・技術士受験指導
・特殊調査(陥没調査、温泉調査
 30年後の2050年、日本は化石燃料実質セロを目指す、というのが菅政権環境政策の目玉。その前に中国が40年後実質ゼロという方針をだしているからその向こうを張ってかと思ったら、実はEUやカナダ・オーストラリアなどが既に30年後実質ゼロを内T堕しているのでそれに倣っただけ。
 但し30年後、菅や与党幹部の大部分は、とっくにあの世の行っているし関係役人も大概はいなくなっている。そして国民の大微分は三年も経てば忘れてしまう。第一どういう方法で化石燃料を減らすかという具体的方策が示されていないから、誰もなにもしない。
 そして実質ゼロの”実質”というのがよく分からない。”実質”に対し”名目”というものがある。例えばGDPだが実質GDPは名目GDPから物価上昇率とか付加価値税などの見かけの要素を差し引いたネットの値である。一般の景気判断では名目GDPが優先される。何故なら一般庶民にとってこれの方が実感できるからである。
 化石燃料消費量もこれと同じで、その効果の判断は複雑なプロセスを踏んだ後のものでなく、具体的且つ実感できる指標が必要である。例えば気温上昇率が下がったとか、化石燃料輸入料がゼロになったとか、である。
(20/10/28)
アタカマ砂漠のリチウム工場
環境・エネルギー・原子力問題のウソホント
日本は核武装出来るか
死海の大問題
   
 菅義偉と反知性主義  大阪市長は大阪府知事の部下であるという橋下の傲慢   昨日夜、偶々BS-TBS某番組にチャンネルを回してみると、ゲストコメンテーターは東大教授の学者と橋下徹という田舎弁護士。テーマは例によって学術会議任命拒否問題。設置法の「・・・会員は内閣総理大臣は学術会議の推薦により任命するものとする」という一文の解釈を巡って、憲法学者は読んで字の通り「学会の推薦は内閣の任命を拘束する」というもの。これに対し橋下は            ・・・・・・・・・・(20/10/28)
 地方創生の真実  本質は大阪南北問題  アメリカ大統領選挙や学術会議問題の陰に隠れて話題に乏しいのが大阪都構想問題。来月一日に住民投票が行われるが本日各マスコミで世論調査結果が発表された。それが何と・・・共同通信調査では・・・僅差(反対43.3%、反対43.6%)で反対有利という結果。ほかのメデイアでも同じ傾向(読売新聞ではもっと開いている)。          ・・・・・・・・・(20/10/26)
 アメリカの栄光と没落?  問題は合衆国憲法というポンコツ  今テレビを見ると連日アメリカ大統領選の話題。それもトランプとその支持者による選挙妨害や大統領居座り作戦等々。しかしどっちが勝つにせよ、予想されるのが大統領就任後のテロ。テロリスクはバイデンの方が高いがトランプだって無事とは言えない。バイデンを狙うのはプラウドボウイズのような草の根右翼。          ・・・・・・・・・・・(20/10/24)
 陥没色々 お粗末な素人工事   昨日いきなりフジテレビの「めざましテレビ」というのから電話が懸かってきて、何事かと思えば、東京調布市で生じた陥没事故に関し意見を聞きたい、というのでしばし応対。やや説明不足の点もあったので、本日朝不足点をメールしておきました。ここで改めてこの事故に関する所見をまとめておきます。             ・・・・・・・・・・・(20/10/20)
 環境・エネルギー・原子力問題のウソホント  維新得意のスタンドプレー。実態はこれしかない。   福島原発汚染水海上投棄について、大阪の吉村が改めて大阪湾への投棄を立候補。以前松井が同じことを言ったが無視された。内閣がお友達の菅だから言い出したのだろう。しかし現実にあり得ないことを何故言い出すのか?          ・・・・・・・(20/10/17)
  民主党vs自民党  中曽根ヤスの残した防衛スキャンダル   昨年亡くなった中曽根康弘の葬儀を自民・内閣葬にするのでおおよそ2億円近い費用が発生する。それに飽き足らず葬儀の日には各官庁には半旗黙祷を求め、さらにそれを国立大学まで求めたことに対し、大学側から猛反発。それはともかく、たかが中曽根ヤス如きの葬式になぜこんなに大騒ぎをしなければならないのか?          ・・・・・・・・・・(20/10/15)
 橋したと維新  ステロイド剤の副作用か?   学術会議騒ぎ番外編。維新の橋下がこの件で菅の肩を持って、承認拒否は適法だとツイート。その心は大阪都構想とIR誘致で菅の支持を何としても欲しいから。これに対しアンチ菅の金子豊が橋下を”クズ”呼ばわりしたから橋下が逆切れ。金子に対し”このボケー”と息巻く               ・・・・・・・・・・・(20/10/12)
 最近の科学の話題 かくて国家は滅亡する。   ’20ノーベル物理学賞三人の一人ペンローズというのはあのペンローズのことか?天文ファンでブラックホール好きなら誰でも知っている名前で、ブラックホールの解説書ならいつも出てくる天才だ。彼が未だノーベル賞を取っていなかった方が驚きだ。
 それはともかく筆者が問題にするのは、ノーベル賞に対するマスコミの反応である。            ・・・・・・・・・(20/10/09)
 中国の現状と未来  何もせず、何もできない日本政府   昨日BS-TBS某時事番組。ゲストの中国研究者が中国副主席王岐山と習近平との感に確執があるとし、その背景に現在中国では習近平ー王岐山グループー太子党内アンチ習グループとの間に深刻な内部矛盾と対立が進行中とする。
 対立原因は色々あるが、その中で最大なものは米中貿易摩擦。これによって中国が失った資産・権益は莫大なものになる。
              ・・・・・・・・・(20/10/07)
 無責任マスコミを斬る  中学生以下のインチキ興行師  (フジサンケイグループの知的水準)
 フジテレビ論説委員の平井文夫というのがテレビで「学術会員会員を6年務めると学士院会員になって年250万円の年金が一生もらえる」などと発言したらしい。学術会議からの抗議で早速訂正したらしいが、このフェイクネタはSNSを通して拡散してしまい、これが本当と思ってしまった馬鹿も大勢いるに違いない
           ・・・・・・・・・・(20/10/07)
 東京オリンピックの真実  25年大阪万博は大丈夫か?   東京オリンピック招致に関し疑惑の中心にいた元国際陸連会長のセネガル人・・・ラミン・デイラック・・・へ、日本からシンガポールのトンネル会社(ブラックタイジング)を経由して3700万円が送金されていたことが国際報道機関により明らかになった。日本側窓口は竹田恒和。もとをただせば皇族に列する家系なのだが、           ・・・・・・・・・(20/09/21)
 原油価格の真実  ホルムズ海峡問題と小池百合子のオヤジとの関係   トランプがノーベル平和賞狙いでイスラエルとアラブ諸国との関係改善に躍起。その心はノーベル賞で11月大統領選を有利に持っていこうというもの。もしノルウエー政府がこれを無視すれば、トランプはノーベル賞そのものに毒づくだろう。今トランプが取り組んでいるのはイスラエルと湾岸諸国との関係改善である。では湾岸諸国とはなにか?というと、元をただせばペルシャ湾を荒らしまわっていた海賊の子孫である。         ・・・・・・・・・(20/09/19)
 アベとアベノミクス  虎の尾を踏んだか?  菅内閣発足直後のジャパンライフ摘発。会長の山口他13名の一斉逮捕。新内閣への検察からの先制ジャブか?内閣発足直後、18年九州大豪雨時に赤坂自民亭ではしゃいでいた新法相の上川が、「検察庁法改正案」の再上程もありうると発言。           ・・・・・・・・(20/19/19)
  新型ウイルス感染  柿食えばコロナなくなる法隆寺  福岡県知事が新型コロナ肺炎退院者に対し「これで無罪放免だ」と発言したのを咎められて陳謝。陳謝以前にこの知事の人格を疑う。知事のような人の上に立つ資格はない。これだけでなく、最近地方知事のフライング発言が目立つ。
 消毒薬うがい騒ぎの大阪吉村に次いで、今度は奈良県知事が柿渋で新型コロナウイルスが死滅すると発表。           ・・・・・・・・・・(20/09/11)
 ゴーンという響き  総裁選へのニッサン票取り込み策   政府系政策金融銀行が経営危機に陥っているニッサンに1300億円の融資を決定。うち1000億円が政府保障。これが焦げ付けば国民負担になる。こういう重要事項が国会で審議されず官邸の中で決定されている。日産の経営危機は今に始まったことではなく、18年10月の突然のゴーン逮捕から株価の下落が始まり、          ・・・・・・・・・・(20/09/08)
 北朝鮮・韓国・北方領土問題  放流事前通告があるか?あれば脈あり、泣ければ脈無し   過去最大級と云われる台風10号が不気味に北上を続け、来週半ばには朝鮮半島に上陸し北朝鮮から中国東北部に抜ける見通し。北朝鮮南部の韓国国境付近には巨大ダムがあって、これがピョンヤンやその周辺への水や電力供給源になっている。ところがその下流に韓国ソウルがあって          ・・・・・・・・・(20/09/06)
 2020年九州豪雨 トンネルなら10年350億円で出来ます 「人吉水害対策・・・ではどうすればよいか!?」
 自称専門家の藤井某の過ちは、66年間の環境の変化と技術の進歩を無視し、66年前のレベルでしかものを考えていないことです。推理小説では犯人はその事件で最も利益を得るもの、あるいは作者がわざと隠している人物というのが通り相場。         ・・・・・・・・(20/08/04)
 堤体補強工法  結論は補強土と遮水壁の併用  1、始めに
 ここ10年、あちこちで洪水被害が続出しています。この原因は地球温暖化に伴い、気象予測のパラダイムが変わったのにもかかわらず、国が相も変わらず100年前からの気象統計と、条件環境が全く異なる欧米譲りの設計法に拘っているからです。その代表としてこの間ネットを見ていると出ていた「インプラント工法」なるものを取り上げ、そのインチキ性を暴くと同時にもっと現実的な堤体補強工法を紹介します。           ・・・・・・・・・・(20/08/10)
 右風と左ネジ  石原慎太郎が持つ「業病」   ALS患者を石原慎太郎が「業病」と表現。先日の新聞広告を見ていたら、慎太郎は「法華経」を読んでいるらしいが、本当に読んでいるのか?「法華経」の本質はあらゆる苦からの解放である。死は苦からの解放であるが、それは人から与えられるものではない。世尊のみぞ知る、が大乗の教えだ。           ・・・・・・・・・・(20/07/28)
 横浜マンション不等沈下  要するに建築士がダメなのだ!   福岡でのマンション不等沈下問題で、このほどやっと事業者であるJR九州他関係者が、やっと支持クイの長さが足らなかったことを認めました。何年か前の横浜マンション不等沈下問題、そして最近の福岡博多駅前陥没事件と同じ轍です。
 どれも平成に入ってからの事故。           ・・・・・・・・・(20/07/23)
 リニア新幹線の真実  大阪はリニアの前にやらなくてはならないことが一杯ある  リニア新幹線が静岡県で揉めて立ち往生している隙を狙って、大阪の吉村が東京ー名古屋間の前に大阪ー名古屋間の先行着手を、ぶち上げた。多分誰もまともには聞いていないでしょう。東京ー名古屋が未通の内に大阪ー名古屋を着手したところで経済効果は全くない。        ・・・・・・・・(20/07/18)
 私の日本防衛論  戦国時代のアナクロ発想   イージスアショア計画が撤回されたかと思うと早速出てきたのが「敵基地先制攻撃能力保持」論議。要するに北朝鮮が日本攻撃用のミサイルを準備した段階で、それを攻撃破壊することを可能にすること。この議論は世紀が変わってコイズミ政権時代に議論されたが、憲法問題と絡んで有耶無耶になった。           ・・・・・・・・・(20/07/11)
 ストーンヘンジの謎     イギリスソールズベリー平原の世界遺産ストーンヘンジ。最近この周辺に10数か所の立て穴遺跡が見つかって話題になっています。出来た時代は約4500年前と云われますから、日本でいえば縄文早期、大変暖かかった時代です。           ・・・・・・・・(20/06/24)
 国内の地震の話題  上空の雷で出来たメタンの所為。よくある現象   今月始め(06/04)に神奈川県三浦半島周辺で異臭が発生し住民に不安を与えた。これに対し・・・多分何処かのマスコミ取材・・・ある地震学者が「これは南海トラフ地震の予兆である」なんて言ったのが本日ネットに載っていた。
 ズバリこの解釈は間違いです。地震屋は何でもかんでも地震の所為にしたがるが、大抵ははずれている
            ・・・・・・・・・(20/06/19)
 森友学園問題の怪  山縣有朋、長州萩と恐妻   東京都が花見等イベント自粛を要請したにも関わらず、その当日にアッキーはセレブ仲間と某ホテルで宴会やってるのがネットに流れて、それを国会で追及されて、亭主の晋三は大慌て。この件を国会で野党から追及されると「桜の下の宴会じゃない。ホテルの庭のプライベートな集まりだ!」と逆切れ。          ・・・・・・・・・(20/03/29)
 福島第一原発汚染水対策  海洋投棄は日米問題の新たな始まり   世間が新型コロナ騒動でてんやわんやの隙をぬって、東電福島第一原発産トリチウム汚染水の処理について、海洋投棄がほぼ決り、その場所も沖ノ鳥島近海ということに進次郎も了承したようだ。無論これで全てがスムーズに動くと考えている程のアホは、そういないと思う。そもそも原発起源の放射性廃棄物処理については、          ・・・・・・・・(20/03/18)
 イラクの失敗  かくて(東地中海の温暖化により)、イスラエルは滅亡する。   トランプの中東和平案。これ和平案というよりまるっきりパレスチナに対する宣戦布告。これではパレスチナ側は勿論、アラブ側も容易に飲めない。筆者が関心を持つのはサウジアラビアの対応である。従来サウジは対イスラエル宥和派だった。理由は石油の最大のお得意さんがアメリカだったからである。             ・・・・・・・・・・(20/01/31)
 関電裏金の真実 典型的「ガダルカナル症候群」  八木会長他関電役員たった6人が辞表を出したが、社長は第三者委員会の報告書が出るまで居残るつもり。この点がこの会社のよく分からないところ。本来第三者委員会の調査は新経営陣の下で行われるべきものなのである。また、吉田建設から元助役に渡った3億と、元助役から関電にわたった3.2億との逆ザヤは           ・・・・・・・(19/10/10)