豊かな経験、鋭い眼力、確かな判断
ここは横井技術士事務所のホームページです

 横井技術士事務所は、
基礎・地盤の安全診断から地下水・温泉開発、訴訟鑑定まで地下のあらゆる問題解決をサービスします
 当社へは次のアクセスを御利用ください
 TEL/FAX;072-671-7212
 Mail;yokoigx@bh.wakwak,com

 なお上記のアクセスは予告なしに変更することがあります。
 
緑窓会関係はここをクリックして下さい
磁気活水器レポラブリについてはここをクリックして下さい。
横井技術士事務所は技術の競争はしますが、価格の競争はいたしません。価格のみに関心のある方は、別のサイトへお移り下さい。
 事業拡大のため盛土をしようとしたが軟弱地盤のため工事中断の茨城県龍ヶ崎市の「道の駅」。背景は牛久沼。このあたりの埋め立ては利根川改修工事に伴って江戸時代からこな割れており様々な軟弱地盤対策工法が用いられている NEWS TOPICS
最近の科学の話題
厳島から岩国へ
平成三十年京都御所参観

 18/09北海道胆振地震
'18年西日本豪雨

コアストーン(核岩)とは
タイの洞窟遭難
平成30年大阪北部地震(高槻)
2019年高槻城址公園
アルゼンチン潜水艦遭難とバミューダトライアングル

・17東名高速事故
淡路島と明石城

・安全ベルトを装着させない電力会社は何処だ!
・トランプの発音
・舛添とさつきのDV争い
・謎の青酸カリ脅迫
・コピペ判決
・大坂なおみの国籍
・金塊より軽い人間の命
・稀勢の里引退
・台湾鉄道事故と尼崎脱線事故
・阪神をダメにする三悪

大阪北部地震の影響
韓国版M資金騒ぎ
チバニアンよ何処へ行く? 
火山と温泉・地下水 口   絵 東北太平洋沖地震と福島原発事故
有馬温泉の謎
火山と温泉
大阪層群と温泉
断層と温泉
自噴泉
温泉・地下水調査法
建設工事と温泉対策
御岳噴火災害
火山災害のあれこれ
硫化水素と非火山性温泉
地熱発電は夢のエネルギーか

富士山の自然
地下水の所有権

 鎌倉と云えば次は江の島。江の島へは「江ノ電」が定番。御霊神社下の住宅地を走る「江ノ電」。これがどれも、修学旅行や観光客で満員。ラッシュの地下鉄並みだ
口絵

福島原発凍土壁工法批判
原発建家と安全性
東北太平洋沖地震
日本沈没は本当か?
復興から復旧へ
世田谷ホットスポットの怪
原子力ムラと反原発部
基礎と地盤、地盤災害・建設災害 宇宙からの地球探査 地震、断層  技術提案
基礎工法色々
南海本線基礎の沈下
阪高大和川線の怪
辺野古地質調査のポイント
横浜マンション不等沈下
韓国木甫のすべり
13年災害と特別警報
地盤の種類
ガスが出る地盤(八箇峠トンネル爆発事故他)
NZクライストチャーチ地震と地盤

山口県の土砂災害
08年広島安佐区豪雨
・04年新潟豪雨
 ・アタカマ砂漠のリチウム工場
 ・トルコソマの露天掘り

 ・リオグランデ海膨と黒潮古陸
 ・南極大陸に現れた巨大雪崩
 ・謎のハズマ河
 ・ ニュージーランドの活断層地形
 ・イエーメンのジオグラフィ
 ・アフガニスタンの地下資源
 ・ジプチとアファー三角帯
 ・オーストラリアの隕石衝突跡?
 ・パタゴニアの玄武岩台地
 ・ネバダ砂漠の中の緑地
 ・地球表面のさざ波・・・リップル
 ・西オーストラリアの大塩湖と塩の川
 ・砂漠を流れる川
 ・大地に刻まれた条痕(1)・・・ブラジルジミライス
 ・ミャンマーの活断層地形
                 
平成28年熊本地震の話題
パキスタンの地震島
国内の地震の話題
偽活断層(これを活断層と間違ってはならない
立川断層の怪

パキスタンの地震島
立川断層の怪

仏生寺活断層セグメント
大飯原発の活断層
海外の地震の話題
志賀原発と活断層
敦賀原発の活断層
・12/03/14銚子沖地震
中越沖地震色々
中越沖地震と断層
中越地震色々
09年バニアツ沖地震
中国四川地震
阪神大震災の記憶

活断層とは       
海底都市の構築に向けて
碓氷峠の雪害と改良計画
福島原発汚染土対策
福島第一原発汚染水対策
次世代原子力発電所
私の日本防衛論
防災都市の構築に向けて
プラズマ地震予知法の奨め

「鞆の浦」海上架橋問題
 現代の戦艦大和・・・金ばっかり食うが肝心な時にさっぱり役に立たない・・・イージスアショアやF-35調達は、日本防衛に有効か?

今や大阪は橋下・松井・吉村三馬鹿の所為で、ロシア並みの後進一党独裁になってしまった。一刻も早く維新のアホたれを大阪から追い出そう!ついでに無能の長(州)物アベ晋三を国外追放にしよう!
空洞・陥没 古代史の謎を地学から解く 政治・経済・思想評論(国内) 政治・経済・思想評論(国際)
謎のケニアの地割れ
福岡博多陥没事故の真実
水島シールド事故の教訓
陥没と原初空洞」(論文)
・陥没色々
グアテマラ陥没、ギアナ高地の巨大陥没孔、石林

明石大蔵海岸陥没事故について
旧軍用トンネルと都市災害
津市の陥没について
トンネルと陥没 
沖ノ島の謎(日本古代史の闇)
若狭湾の地震と気比神社
キリストは何故産まれたか?
揖保の国と出雲
横溝正史と艮御崎神社/井原鉄道
日本最古の旧石器・・・本当でしょうか?
大阪平野の活断層と聖ライン(3)
大阪平野の活断層と聖ライン(2)
大阪平野の活断層と聖ライン(1)
ヒルベトクムランの地震痕跡
今城塚古墳の地すべり/地震

石器捏造事件と地学
日本の役人
リニア新幹線の真実
タレントクラシーの時代
森友学園問題の怪
小池百合子の場合
豊洲市場の真実
東京オリンピックの真実
地方創生の真実
沖縄辺野古基地の真実
右風と左ネジ
アベとアベノミクス
憲法改正是か非か
民意の嘘・・・・民主主義の落とし穴
民主党vs自民党

        一覧
北朝鮮核実験
国際思想いろいろ

セウオル号沈没事件
ロシアとウクライナ
国際学力テスト騒ぎ
アメリカの栄光と没落?
北朝鮮・韓国・北方領土問題
中国の現状と未来
原油価格の真実
イラクの失敗
尖閣諸島と日中関係
TPPてなに?

ギリシアの混迷ー明日は我が身
トヨタリコールとアメリカ
        
地すべり・崩壊   技術支援 本日のTOPICS 環境・エネルギー・原子力問題のウソホント
2018年大分耶馬溪崩壊
17中央道瑞浪の土砂崩壊
アフガニスタンの地すべり
海外の地すべり
14年ワシントン州地すべり
芦 屋岩園町の場合
13年浜松市地すべり
・(12/09/18)新潟上越市地すべり
表層崩壊と深層崩壊(11年紀伊半島豪雨)
上高地トンネルの崩壊
09年静岡県地震と東名
南おおすみ町の斜面崩壊
岩手ー宮城内陸地震・・・地すべりの原因は・・・荒砥沢地すべり
上北山村(R169)崩壊
急傾斜地対策の実例
白屋地すべりについて
滋賀県某テールアルメ崩壊事故訴訟の顛末  
・踏査、設計・調査計画
・内部監査・設計照査
・訴訟鑑定・鑑定書作成
・会計検査対策
・技術士受験指導
・特殊調査(陥没調査、温泉調査)
 あの丸山穂高の北方領土発言に続いて、今度は維新参院比例区予定者の長谷川という人物の差別トンデモ発言。その前には大阪維新市議の選挙違反がばれている。
 丸山と長谷川に共通するのは政治家以前に社会人としての基本的な知識教養が欠けていることである。例えば丸山は国後島で女を買いに行こうとしたのを止められたのに対し「ここは、日本領土だ、オレは国会議員だ、不逮捕特権があるんだ」と居直ったらしいが、この男国会議員ならなにをしてもよいと勘違いしている模様だ。そもそも現憲法下で何故国会議員に不逮捕特権が与えられているか、その理由を分かっていない。これは旧憲法下で、政府が野党議員を事前に拘束しておいて強引に法案を通すということが横行していたからである。東大は一体どんな教育をしているのか?これでは二流どころか三流大学に落ちぶれる。
 昔ある自民党議員が講演会に遅れそうになったので、新幹線を強引に停車させたことがあった。こんなことをやっていたから、丸山なんてアホがでてくるのである。
 長谷川に至っては差別問題の本質を全く分かっていない。歴史もそうだが現代の政治史にも深く関わってくる。元々部落解放同盟(以下解同)には右派と左派があり、後者は旧社会党特に左派の支持母体であり行動部隊だった。
 ところが90年代の政権交代を始めとする政変で社会党が分裂し、更に同和対策特別措置法の失効で公共事業利権を失った。社会党の分裂で行き場を失った解同左派の受け皿となったのが維新である。
 元々社会党系解同の天敵は自民党と共産党。前者とは公共利権、後者とは選挙で激しく対立する。そして大阪の解同は維新支持に踏み切った。これは現在の大阪維新と自民・共産との対立を見ればよく分かる。今回の統一地方選で維新が圧勝したのもこれが原因である。長谷川はこのあたりの経緯が全く分かっていない。この発言で解同が維新との距離を置きだしたり、反発すれば次の参院選や衆院選に影響を与えかねない。
 なお解同と選挙の関係を分かっていないのは長谷川だけではない。アベも公明山口も同じだ。大阪解同組合員のなかにも創価学会員は結構いる。彼らの多くが今回の地方選で維新に投票したのだ。最近公明中央は、参院選がらみで維新との妥協案を地元に押し付けてきている。そこにこの発言だから大阪の学会員が一斉に反維新に傾く恐れだってあるのだ。どっちも東京生まれの東京育ちだから仕方がない。こんなことでは「地方創生」など絵に描いた餅だ。
 今回の地方選結果を見て、自民党アベ執行部は維新協力派の渡嘉敷支部長を通じて、都構想協議参加押し付けた。これに対し府連及び大阪支部は猛反発。下手すると自民大阪は分裂する可能性もある。その時大阪解同はどう出るか?長谷川発言によって、反中央派を支持する可能性もある。なお、アベ晋三はこれまでの部落解放運動の歴史に対し、正しい知識をもっているとは思えない。レベルは長谷川並みだろう。
(19/05/23)

右風と左ネジ続き) 
 さて蓑田の件だが、彼が登場したのは2.26事件以後の戦時統制色が強まったころ。それまでの右翼史に彼の名前は現れていない。また主張はひたすら反軍・反政府言論人、学者、出版社の攻撃で、ヘイトデモや「原理日本」・・・今でいえば「Will」や「ハナダ」などの三流雑誌・・・を舞台にした言論攻撃である。当に現代の在特会やネトウヨそのまま。反権力・反差別・公正平等社会の建設を主張した正統右翼とは真逆のスタンスである。
 この点から見ると、彼の背後には軍特に陸軍統制派を中心とした政管軍複合体があるとみるべきである。この複合体は蓑田を使って、世論を戦争支持に誘導しようとしたのだろう。
 そのおかげで昭和16年東条内閣が成立。その時の内閣支持率は70%はあったという研究がある。この高支持率を背景に東条内閣は対英米戦に突入した。3年後東条内閣は退陣するが、内閣支持率は20%以下とも云われる。あの状態で、20%近くも支持する人がいたことも驚きだ。おそらく蓑田もこの一人だったはずだ。

 さて百田の場合だが、(続く)
 
アタカマ砂漠のリチウム工場
エネルギー・原子力問題のウソホン
日本は核武装出来るか
死海の大問題
  
 私の日本防衛論  トランプ流押し売り商法にペコペコのアベ政権   日米貿易交渉のドサクサに、アメリカが日韓への対空ミサイル売却を一方的に発表。対象品目は艦船用のSM2だ。しかしこれ最早時代遅れの中古品。墜落事故の煽りで中国がボーイング737AMAXの購入を先延ばしした。          ・・・・・・・・・(19./05/21)
 イラクの失敗  嘘つきボルトン二度目の失敗  対中貿易戦争といい、対イラン制裁といい、このところトランプ外交の体外強硬姿勢が目立ちます。その理由は来年の大統領選を目指してのパフォーマンスという見方が大きいが、別の要素も忘れてはならない。それはホワイトハウス内の対外強硬派の存在である。              ・・・・・・・・・(19/05/20)
 橋したと維新  高槻だってやっているだろう   丸山穂高の北方領土発言に続いて先日の大阪市議会選で、維新候補の選挙違反がばれて、松井は大慌て。容疑は選挙運動員に法定額以上の日当を支払ったというもの。しかし報道によると、中間に人材派遣会社がいて、その要求に応じて日当を支払ったらしい。             ・・・・・・・・(19/05/19)
 右風と左ネジ 禿百田尚樹と蓑田胸喜  百田尚樹という頭の禿げた頭の悪そうな作家がいる。彼が書いた「日本国紀」という本がある。私は勿論あんな低級愚劣な本は読みません。これをある作家が「これがコピペだらけだ」と批判ツイートをしたところ、出版元の幻冬舎と揉めて、それに作家協会も加わって大騒ぎ。
 アメリカの栄光と没落?  ライトハイザー二度目の失敗  アメリカが対中制裁として中国製輸入品に対し、関税を一律25%に引き上げると発表。早速輸入品目の選定を始めだした。果たしてこれ成功するでしょうか?とりあえず国内向け、中でも中西部の穀倉地帯(ファームベルト)や鉱工業地帯(ラストベルト)の票固めには成功したでしょうが              ・・・・・・・・・(19/05/14)
  伝統のまやかし  ミイラ化した頭   「令和」を発案したと云う国文学者の説明によると、「令」は「美しい、麗しい」という意味、「和」は人々が和む「平和の和」であり、ヤマトでもある。つまり「美しいヤマト」という意味だ、ということらしい。これならまるっきりアベの云う「美しい日本」と全く同じだ。            ・・・・・・・・(19/05/12)
 地方創生の真実  スーパーシテイで増えるのは自殺だけ  片山さつきが主管でアベ晋三肝いりのスーパーシテイ法案が、議会にも上程されず閣議にも掛けられずに葬りされようとしています。その他の通常法案ならいざ知らず、大臣自ら乗り出した法案がこの様では、通常は主管大臣は引責辞任だ。             ・・・・・・・・(19/05/11)
 小さい政府よりまともな政府
ヤンキー崩れが副大臣ではねえ  文部科学省の発表では、今年の小学校教員志望率が3.2倍に低下した。これは全国平均だから府県によってはもっと低いところもある。大阪など実質1.0を切っているのではないか?何故こうなるかというと三つの理由が挙げられる。         ・・・・・・・(19/05/10)
 アベとアベノミクス  問題は経団連と霞が関官僚の無能  先日のBS-TBS某番組。テーマは日本の産業低迷化と賃上げ問題。ゲストは世界で唯一直径0.0.2ミリの注射針を作れる岡野工業という中小メーカー社長。社員3人で年商8億。但し後継者がいないので近々廃業するよし。岡野社長の曰く「日本の製造業がダメになったのは1)大企業は大卒が多いから。           ・・・・・・・・(19/05/09)
 最近の科学の話題  追いつく中国、取り残される日本   報道によれば、科学論文の引用回数が到頭、中国がアメリカに並び、日本はその1/3に留まるという結果が出た。それもここ数年習政権以来著しくなっている。中国の目的は一帯一路とそれにリンクする2025建設、更には1949中国解放100周年に向けて                  ・・・・・・・・・(19/05/07)
 北朝鮮・韓国・北方領土問題  ホリエモンロケットよりはマシか?   米韓同盟にクサビを打ち込むような北朝鮮のロケット砲発射。それとも令和改元と新天皇への祝砲か?このロケット砲、300ミリ多連装だから一回発射すると次弾装填に随分時間が掛かる。それにとにかくでかいから発砲時の熱や振動が大きい。そのため発射場所が直ぐに分かる。             ・・・・・・・・・(19/05/05)
 憲法改正是か非か  最初に新憲法に反対し、自主憲法制定を主張したのは共産党だ   昨日は憲法記念日。各地で改憲派、護憲派の集会が開かれています最近勢いが強いのが改憲派。当たり前だが、憲法遵守義務を負う総理大臣が、自らその義務を放棄して改憲を主張するのだから仕方がない。           ・・・・・・・・・(19/05/04)
 民主党vs自民党  オオモノヌシの祟り?  さて今は改元祝賀ムード一色だが、そんなに喜んでばかりいて良いのでしょうか?それは特に政治家に於いてだ。本日ある年表を見てみると、なんと驚くべきことが分かった。それは明治以降改元時の内閣で、それから一年以上持続した例がないという事実である。           ・・・・・・・・(19/04/30)
 TPPてなに?  一帯一路のセールスマンとなったトランプ   平成最後の国際会議として注目すべきは、先日北京で行われた”一帯一路国際フォーラム”である。これには150か国が加盟し、137か国が代表団を派遣した。日本からは二階俊博が参列しペコペコ演説をやっている。          ・・・・・・・・・(19/04/30)
  ゴーンという響き  ゴーンをクビにしたものの   ゴーンが二度目の保釈で検察の面目は丸つぶれ。その直前にルノーが日産との経営統合前進を表明。元々この事件ゴーンの不正を暴くのではなく、日産・ルノーの経営統合阻止が目的と云う生臭い話。要するに西川他今の日産無能経営陣の延命を諮るためゴーンを陥れた様なものだ。              ・・・・・・・・・・(19/04/27)
 原油価格の真実  必要なことは更なる石油備蓄増強と水素エネルギーの開発   アメリカが日本など8か国へのイラン原油禁輸措置猶予の延長を認めないと発表したら、いきなりNY原油価格がバーレル2ドル近い値上がり。この影響は大体夏ごろにガソリン・電気料金大幅値上げとなって跳ね返ってきます。どんな政策(会社の経営も営業も同じ)も、              ・・・・・・・・・(19/04/23)
 国際思想いろいろ  ノートルダム寺院と豊臣埋蔵金  ノートルダム寺院消失によって300tの鉛が溶け出して環境汚染が大変だという。しかし我々地質屋の眼でみれば、ほぼ同量の金や銀も溶け出しているはず。これらの貴金属を回収すれば、聖堂復活費用問題は簡単に解決する。おりしも金も値上がりしている。鉛も使いようによっては            ・・・・・・・(19/04/20)
 東京オリンピックの真実  イチローと日本人との感覚の差   今話題の忖度発言は、当事者の塚田の副大臣辞任で決着しそう。それより筆者が注目したいのは、イチローの国民栄誉賞辞退である。聞けば今回で三度目らしい。今度こそは狙った菅やアベこそいい恥さらしだ。これがJOCのオリンピック強化金を使って金メダルを取った選手なら、          ・・・・・・・・(19/04/05)
 ギリシアの混迷ー明日は我が身   他人のことを言えた義理ではない   わあわあ世界を大騒ぎさせて結局は何も決まらなかったブレグジット。私個人はノルウェー方式が落としどころと思っていた(18/12/13)が、多分そうなるのではあるまいか。             ・・・・・・・・(19/03/30)
 リニア新幹線の真実  工事より女子大生に手を出すのが得意の大林組。リニアは施工業者を変えた方が良い  これは名古屋のリニア新幹線名城立て坑・・・非常口と云われていますが、実態はシールドの発進基地・・・の写真です。どっちみちゼネコン(大林組)のPR写真。たまたまネットを見ていると、この立て坑で湧水が発生し、掘削高50mの半分ぐらいが水没し、ここ数カ月間工事がストップしたという報道があった         ・・・・・・・・・(19/03/18)
 平成28年熊本地震の話題  業績客観化という落とし穴   京都大学教授の林愛明が熊本地震に関する論文不正で槍玉に上がっています。筆者は彼をよく知っている。彼は中国江南地方の出身で、日本では㈱建設技術研究所という国交省河川局系列コンサル会社にいたが、その後確か神戸大学理学部に移り、その後京大に移ったのだろう。             ・・・・・・・(19/03/28)
  沖縄辺野古基地の真実  結局辺野古は役立たずで普天間固定が日米双方の狙い
  沖縄辺野古基地埋め立て工事での軟弱地盤対策について、普天間移転を遅らせるためのいいわけではないかという疑問が、野党筋から出てきました。そうだとすると色々なことがよく分かる。この埋め立て工事については大きく次の2点で疑惑がある。
1、本当に軟弱地盤があるのか?               ・・・・・・・・
(19/03/24)
 環境・エネルギー・原子力問題のウソホント  再生エネルギーは史上最大の環境破壊を引き起こすだろう   やっと朝日も太陽光発電のC/Pと環境問題に気が付いたようだ。毎日はどうでしょうか?筆者はズーット以前から太陽光発電・・・だけでなく再生エネルギー全般・・・について疑問を投げかけていました。その理由は、日本列島の地理学的・地質学的位置が再生エネルギーに向いていないからです。          ・・・・・・・(19/03/24)
 日本の役人  何でも先手必勝   酔っぱらって大韓航空機内や韓国空港で暴れて暴言を吐いて、日本に強制送還された外務省課長に対し、大韓航空労組が提訴と公務員資格はく奪訴訟をおこすという騒ぎ。現実にそんなことが出来るはずはないが、これも現在の文政権による反日政策の一環。            ・・・・・・・・(19/03/23
 横浜マンション不等沈下  レオパレスの上を行くトランプ   レオパレスの手抜き工事がトップの指示だったことが判明。どっちみちこんなことだと思っていた。これだけでなく昨年のアパマン爆発事件も経営トップが絡んでいるはずだ。それよりひどいのはボーイング737MAXのコンピューターソフト問題。昨年のインドネシア航空他の墜落事故を受けて         ・・・・・・・(19/03/20)
  川重・神戸製鋼事件と日本の技術  蔓延する会社ファースト主義の末路   大林組の某部長が就職面談に来た女子大生に手を出して、それが週刊誌に暴露。ダメなのは勿論女子大生に手を出したアホ部長だが、輪をかけてアホなのが本社の人事部長とその部下の課長。元々、大林という会社で女性トラブルなんて聞いたことがなかった。          ・・・・・・・・・・(19/03/15)
 東北太平洋沖地震  漁師は海を離れたが」らない・・・隠岐の島の海岸道路  本日3月11日は東北大震災の日。東北大震災と云えば津波。今から20年ほど前、某設計会社の依頼で隠岐の島の道後にトンネルの調査に行ったことがある。その会社が隠岐の島のトンネル実施設計受注を目論んで、地質の様子を見てくれというわけだ。            ・・・・・・・(19/03/11)
 森友学園問題の怪  籠池裁判の結果は統一地方選に影響   ゴーン保釈も面白いがもっと面白くなりそうなのが、これから始まる籠池裁判。事件そのものはあまり大したことはない。公金詐欺で有罪となってもせいぜい懲役3年。初犯だから一般には執行猶予が付く。似たようなケースは役人や議員にも過去一杯あった。もし実刑となればそれこそ問題になる。            ・・・・・・・(19/03/07)
 沖ノ島の謎(日本古代史の闇)  神武天皇と水銀の関わり・・・・若杉山遺跡の持つ意味  徳島県若杉山遺跡という弥生時代の遺跡で水銀採掘の跡が見つかり、早速こんな昔から日本人は優れた技術をもっていたなどと、日本ホメ番組のような解説がネットなどでは飛び交っています。百田の様なアホなら泣いて喜ぶだだろう。
 若杉山遺跡とはどんなところかと、産総研のシームレス地質図で調べてみると、
       ・・・・・・・・・ (19/03/03) 
 海外の地震の話題  シェールガス地震か?それとも?   中国四川省でM4.7~4.9の地震が続き、住民はこれはシェールガス採掘が原因だと騒いで、当局が遂に操業停止という騒ぎ。シェールガス採掘にしてはマグニチュードが大きすぎる感はある。但し報道では震源深さが示されていないので何ともいえない。            ・・・・・・・・・・・・(19/02/27)
  18/09北海道胆振地震  鳩山発地震怪情報  さて三日前(02/21)夜、北海道胆振東部の地震ですが、その後ネットでは怪しい情報が飛び交っていたらしい。中でも噴飯が鳩山由紀夫による炭酸ガス封入実験起源説。彼曰く①この地域は元々地震が起こっていない、②北電苫東発電所で北電と北大が共同で実施している炭酸ガス地下封入実験が、           ・・・・・・・・・(19/02/24)
 マスコミを斬る  ゲスのマスコミ勘ぐり  大坂なおみのメンタルコーチであるサーシャが、大坂との契約解除で波紋を広げています。マスコミではやれ意思疎通がうまくいかなくなったとか、お互い目指す方向が変わってきた、とか色々言っています。中でもそのまんま東の様に、サーシャのギャラが高くなってきたから             ・・・・・・・・(19/02/15)
 どうでも良い話し  男四十は迷い道   連日テレビのワイドショーを賑やかすのが俳優の新井デリバリーマッサージ事件。よく聞こえるのが「40にもなって」という非難。しかしこううことを言う人間こそ何もしらないのである。            ・・・・・・・・・(19/02/10)
 日大事件の本質  恐るべし、警視庁日大閥   昨年話題の日大アメフト違法タックル事件捜査で、警視庁が「違法タックル指示はなかった」と、日大や関東学連調とは真逆の結論。その根拠は[悪質タックル指示は全て伝聞によるもので根拠はない」というもの。当たり前だが、こんなことうを大きな声で怒鳴る馬鹿はいない。          ・・・・・・・(19/02/06)
  中国の現状と未来  20年先まで治らない  中国某企業がウルトラマン酷似キャラクターのアニメを配信したので、日本の円谷プロが商標権侵害で提訴した。しかし中国企業は何処知らぬ顔でそのまま営業を続ける。これは中国企業による知的財産権侵害のほんの一部に過ぎない。現在米中貿易摩擦の内、          ・・・・・・・・・(19/01/28)
  大相撲の真実  入院二カ月の診断書の行方?   貴ノ岩が日馬富士に対する提訴を取り下げた。理由はモンゴルでのバッシングが強かったから。これもホントかね?騎馬民族社会で目上に対しこんなこと(法的措置)をすれば、どんなことになるかはじめから分かっていたはずだ。提訴取り下げ理由には、バッシングもあるだろうが、             ・・・・・・・(18/10/30)
 '18年西日本豪雨  加藤清正を見習え  下の写真は今年の台風24号通過後の10月8~9日にかけて崩壊した、国宝丸亀城の石垣です。丸亀城といってもよく分からない人がいると思いますが、丸亀は四国の県にあって、香川県では高松に次ぐ地方の中堅都市です。岡山から瀬戸大橋を渡って高知方面に行くと、右側に大きなクレーンが並んでいますが、これがKHK丸亀工場。            ・・・・・・・・・(18/10/15)
 平成30年大阪北部地震(高槻)  次はフオッサマグナ地震   相変わらず、今回の大阪北部地震を、次の大地震あるいは南海トラフ地震の前触れという説が巷にあふれている。筆者が思うに、これらの地震前触れ説は殆ど占いかマジナイのレベル。どのようにも解釈できるという点で、ノストラダムスと変わらない。みんな揃ってノストラダムスをやっているのだ。            ・・・・・・・(18/06/27)
 北朝鮮核実験  核実験場などなくても大丈夫・・・金ジョンウン   鳴り物入りの北朝鮮核実験場爆破。実際は世間が期待したほど大したものじゃない。それよりあれは本当に実験場か?という疑いさえ残る。出てくる映像が動画ばっかりで、おまけに木や崩壊土砂が邪魔をして、詳しいことは読み取れないが、まず坑道断面が小さいことが挙げられる             ・・・・・・・・・(18/05/28
侵略と慰安婦   【昭和の戦争と憲法】  明日は真珠湾攻撃77周年。この時トランプがどう云ってアベがどう答えるか興味津々。後知恵になるが、真珠湾攻撃は戦術として愚策だった。あれでそれまで二分されていたアメリカ世論が、一つにまとまってしまった。
 戦争というものは、一旦始めたら勝たねばならない、勝てなくても負けてはならない事業
                ・・・・・・・・・・(18/12/07)           
  戦場娼婦について  メリケルが日本に来て、日本は歴史と向き合うべきだと説教がましいことを云ったが、ドイツは歴史と真剣に向き合ったでしょうか?前にも言ったが、この程ギリシアが5年間の軍事占領に対し、ドイツに戦時賠償を求めたが、ドイツはたった97億円で解決済みと言い張る。
 ドイツはロシアやウクライナ・ポーランドなど旧ソ連圏国には、賠償金を鐚一文払っていない。ドイツ占領下でドイツ軍徴用による慰安婦は一杯いた。         ・・・・・・・・・(15/03/11)